人気漫画につっこみ!

生贄投票32話無料ネタバレ感想:最後のゲーム

 f:id:news_video:20170403151234j:plain

スポンサードリンク

 

 前回までのあらすじ

高校2年生の 今治いまばり美奈都みなとのスマホ画面に突如現れた「生贄投票」。自殺した元担任二階堂ありさの呪いと語るこのアプリは、自分以外のクラスメイトを生贄として投票し、得票数が最も多い者に“社会的死”が与えられるというものだった。過去の生贄たちはエ口動画等を拡散された。また、美奈都は生贄投票によって恋人の死を迎えたことで、犯人への復讐を強く誓う。二階堂ありさの実家を訪ね、情報を収集し…

ネタバレ

f:id:news_video:20170403150344j:plain

二階堂家の玄関前にで挨拶をする美奈都。あたりは暗くなり始めていた。

お父さん、今日は体調が悪いらしくて、挨拶もできなくてごめんなさいね。」二階堂ありさの母は、目が細くなる程笑い、そしてがたがたの歯がむき出しになる。

「いえいえ、お構いなく…」その不気味さに苦笑いの美奈都。

なぜなら彼女の脳裏には、仏壇に置いてある二階堂ありさの父の遺影が焼き付いていたからだ。
宮前みやまえさんを捜すの?」二階堂母は聞く。

「…はい」

借りたのだろうか、美奈都はあのショートカットの少女が映る1葉の写真を持ち、決意に満ちた表情で返事をした。その決意が"犯人を○す"だからななんともな~w

この子の下の名前、教えて頂けますか?」おーっと帰り際に踏み込んだお話。

名前はね、宮前…

f:id:news_video:20170403131619j:plain

ス・キ♡漫画だと右から読むからね!誰得唇アップ告白…

美奈都の両目は一気に見開いた。

やはりそうか… 写真を右手に持つ彼女は、雷に打たれたような衝撃を受けているようでもあった。

そして彼女は深々と頭を下げる。「今日はありがとうございました!二階堂先生のことずっと考えてます…私が転校してくる前の出来事ですけど、私たちに全員に責任があると思います。本当に申し訳ありませんでした。失礼します。」もう一度お辞儀をし、その場を去る。火に油注いでないか…

笑顔の二階堂母は玄関前に立ち、見送っているようだった。

最後に謝っておきたかった。こんなことは何の意味もないこともただ自己満足でしかないこともわかってるけど…

ねぇ

f:id:news_video:20170403132155j:plain
あたし、メリーさん あなたの後ろにいるの。今これくらいの歳になっててもおかしくないw

「なんで謝ったの?」首をかしげる二階堂母。ですよねー。正常な人でも聞きたくなるだろう。

「え…?」気圧された美奈都は一歩ひく。

だったら返してよ。ありさを返してよ。」左右の目玉の方向が違う二階堂母の顔面が迫る。完全にホラー。

「失礼します。」ダッシュで逃げた。

ー自宅マンションー

玄関で扉を閉め、ハァハァと息を切らす美奈都。

 ピリリリリ ピリリリ

スマホがまだ生きている…?

「みんなー久しぶりーもしかして、玉森が死んだことで、生贄投票が終わったとか思ってた?」バッキバキのスマホ画面に映る生贄君の顔。

「今日は投票の日」金田淳と遠藤万里子がそれぞれ驚愕の表情を浮かべる。そして、鼻をガーゼで止めている渡邊も…

「深夜12時」

2-Bの教室に集合な!

f:id:news_video:20170403143706j:plain
スマホバッキバキやないかい!何度でも蘇るゾンビアプリ

参加しない奴は即“社会的死”を与えるからね。じゃーねぇー♡」

美奈都は学校へ向かう。

深夜12時2-Bの教室。これが犯人と接触できる最後のチャンスかもしれない。

ー生贄投票の犯人を○す

電車のホームで告白してくれた玉森の照れた顔を思い出して、美奈都のスニーカーが止まる。

犯人を○して私も死ぬと決めたのに…涙がツーと流れた。

 

スポンサードリンク

 

 

誰かが死ねば、誰かが悲しむ…それは犯人も同じ。おっ、いい子ちゃん取り戻しか。

どうすればいい?タマ…私、わからなくなってきたよ

そんな心の叫びは、繁華街の喧騒がかき消していた。

夜の校舎が見えてくる。

ザッ

f:id:news_video:20170403144609j:plain
カラダ探し1日目! 夜12時といいかぶるわー

パッ、美奈都はスマホの通知を開いた。

「学校のセキュリティはすべて解除してあるから安心して入ってこいよ ケケケケ…」不安を煽ってくスタイルの生贄君。

キィィッ美奈都は玄関に進み、階段を上がっていく。

ヒソヒソ 声に気づき、扉を開けると

ガラッ

f:id:news_video:20170403145119j:plain
よっ!2-Bの共犯者ども てか座ってるやつ玉森説w

遠藤、金田、渡邊はそれぞれバツが悪そうな顔をし、それぞれ視線を美奈都からズラした。

一方堂々としている美奈都。「これで全員?」

「そうだな」モブが答える。まさかの美奈都が一番ギリギリだったのねw

「これはどういうことなんだ?おかしいだろ、犯人の玉森は自殺したんだ。それなのに…」居ても立ってもいられなくなったのか、金田は手を広げてしゃべり始める。

それを皆まで聞かずにパンとビンタを食らわせるのはやはり美奈都。菊川、渡邊といい、意外と手が出ちゃうタイプ。

倒れる金田を心配する隣にいた遠藤は、

ちょっと…

f:id:news_video:20170403145716j:plain
深夜のJKビンタでそれはもう!

迫力にキョトン顔で反応する神田&遠藤。もちろん金田は左頬を真っ赤に腫らしていた。

「あんたたちもいいかげん目を覚ましなよ。今夜犯人は“最後のゲーム”だと言った。犯人は多分すぐ近くで私たちを監視してくるはず。生贄投票は私たちの仲間割れと潰し合いを狙ってくるわ。私たちの全員の自滅を犯人は望んでいるから。」そして美奈都も犯人片づけて自滅するおつもり。

「自滅…?」遠藤が聞き返す。

「みんな惑わされないで」

自分はできないくせに誰かが仕切るのは気に食わない渡邊は「チッ」と舌打ち。

「その口ぶりだと…もしかして犯人がわかっているのか?

一体…

f:id:news_video:20170403150515j:plain
玉森だろ?お前の中ではな

金田の憶測玉森犯人説によって玉森は死んだわけで、それなのにこうして関わってくる相手に美奈都さげすむような表情を見せる。

そして、何かを言おうと口を開いたその瞬間、

パッ スマホ画面が映し出したのは"0:00"の文字。

みんな~生贄投票の時間だよー最後のゲームです!」画面一杯の主張を見せる生贄君。精神の不安定化作用あるな。

「金田!そしてーそこにいるお前ら!望み通り玉森を○したぞ。次はお前たちの番だな!

「は…?」ワナワナの金田であった。

神となった二階堂ありさに

f:id:news_video:20170403151234j:plain
カルト教団"生贄投票"

「これをもってすべてのゲームを終了する。」

ピッ「制限時間は60分!時間内に生贄を捧げられなかった場合ーーお前ら全員に"社会的死"を与える。スターーーーートッ」生贄君の大きな口からは糸が引いていた。

固まる金田、そして顔の汗の量が尋常じゃない西野美姫「え…?どういうこと?」

「おい金田…どうする…?“生贄の死”ってなんなんだよ?」一応のリーダー金田に向かってモブキャラが畳みかける。

それを割ったのはやはり美奈都。「落ち着いて…みんなこれは犯人が私たちの動揺を狙っているんだわ。いったん座って対策を考えよう。」どうどうどうと宥めるような手。

「そ…そうだな」注目が移り、金田はほっとする。

もしかしてこの校舎のどこかに犯人が…?

金田淳~余裕こいてていいのか?

f:id:news_video:20170403152251j:plain
サイコパス! しかもゲーム開始前にクラス内で"社会的死"バラまかれてるw

止まらない生贄君は「遠藤万里子~教祖様との糞まみれ動画、拡散してやろうか?」やはり2-Bはそもそもスキャンダラスなやつしかいなかった。

尽くせ尽くせ尽くせ贖罪せよおおお!」センス抜群の煽り方、クラス全体が震撼しただろう。

「今治」金田に呼ばれ振り返る美奈都。

わかったぞ…」指さす彼の周りには遠藤をはじめとした冷たい視線の女子3名。

玉森の遺志を引き継いで…

f:id:news_video:20170403152847j:plain
持論の呪縛が強い もう誰でもいいからそうであって欲しいのね。

「はあ?何言ってんのよ!!」反論したい美奈都だが、

遠藤「あなたが真犯人ね
渡邉「くそがっ!!」ホテルで拒否られた感情もこもってるだろw

遠藤は美奈都に近寄って優しい口調で言う。

「今治さん、もう観念して。」
「なっ…!」強い抗議の目。
悪いようにはしないから。ね?」訳:悪いようにします

暗い校舎に、クラスメイトの視線が光った。

「捕まえろ!」皆の手が美奈都を追う。

彼女はダッとダッシュで逃げ始めるが、団結した多勢は「逃がすな!」

みんな真っ暗闇に飲み込まれる…

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

スポンサードリンク

 

感想・考察

最終章突入回でした。いやーあと10話もすれば終わっちゃうんですかね。過去に散々な感想を言っておきながら、それはそれで寂しいです。ただ、以前更新していたドクムシなんかは1週間の出来事を90話近く引き延ばしていましたからね。もうここまで滅茶苦茶ならそのまま突っ走って欲しいです(笑)

さて、二階堂家から立ち去るシーンから始まった32話ですが、美奈都の中途半端ないい子ちゃん性格がよく出ていました。"自分が転校する前の話だけど、ごめんなさい"という言葉、なかなか残酷だと思います。予防線を張っておきながら、なんとなく事をおさめるために謝るスタンス、ザ・日本人です。娘を亡くした母親からしたら喧嘩売っているようにしか見えないのではないでしょうか?最終的には聞くことだけ聞いてダッシュで逃げましたもんね。更には、犯人を討ち止めてから自滅するという決心も、それが良いことなのかどうかで迷い始めました。悪にはなりきれません。

そんな中で、最後のゲームが幕を開けます。夜の校舎に選ばれし(残りの)生徒が集う様子はさながら"カラダ探し"。密室での逃げられない危険、嫌な予感が漂います。早速"生贄投票"は、ジャブとばかりに金田と遠藤の犯罪的秘密をバラしちゃってますし、いつの間にか二階堂ありさを神格化し始め、2-Bへ生贄の"死"を要求します。ここまでエスカレートしたのは、金田が生贄投票に要求した玉森殺しにあるかもしれません。しかし、具体的に何をすれば良いのかは不明です。一般的にイメージするのは、2-Bの皆が生徒の誰かの命を奪うことによって、自分の社会的死を免れる構図でしょうか。そして、その"生贄"の最有力候補は現在美奈都です。彼女の運命はいかに…?そして犯人の正体は?次回、第33話に続く…前に犯人予想の記事を更新予定です! 

生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス) 生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス)
江戸川エドガワ,葛西竜哉
講談社
売り上げランキング : 47
Amazonで詳しく見る

>>コミなびで無料試し読み


スポンサードリンク

 

 

>>コミなびで無料試し読み