人気漫画につっこみ!

監獄実験(プリズンラボ)5話無料ネタバレ感想:弱いが悪い

D-sideで人気連載中!作画:水瀬チホ、原作: 貫徹による“監禁ゲーム”復讐劇「監獄実験-プリズンラボ-」第5話ネタバレ感想をお送りします。二人の駆け引き…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  監獄実験―プリズンラボ― : 1 (アクションコミックス)

男子高校生の 江山えやまは、スクールカースト上位の優等生 桐島きりしまあや を主犯とするいじめを受けている中、「監獄ゲーム」の招待状を手にする。監禁相手に自身の名前を当てられなければ賞金1,000万円。しかも、指名した相手を殺さなければ何をしても良いというルール…江山が指名したのはもちろん桐島彩だった。しかし桐島は監禁者の心当たりが多いようで…

ネタバレ

f:id:news_video:20170224121901p:plain
恨まれ過ぎw いずれこうなる人物だったわ。

ギュッ、男の手に力が入る。

「痛っ!」そしてばっと離された。

「いったい何人をイジメてきたの…本当に最低だなぁ彩ちゃんは。まぁ最初の名前当てまで1週間…よく考えな。監禁するのはキミがイジメた相手だけとは限らないことも忘れるなよ…」

「…!?」下を向きながらも強張った表情をする桐島。

これ以上借金を背負ったら、弟くんたちも困るもんね…お母さんももっと働かなきゃね…」弱味を握ってるだと?

「家庭に不満があるからってイジメは感心しないなぁ。そうそう…お母さん病気だっけ?具合はどう?」言葉のナイフが突き刺さる。

ピクッ…

f:id:news_video:20170224122258p:plain
原川の調査力です(おそらく)もしその前から知ってたらイジメられた時に脅したはずだもんね。

「くそっ!誰だよ!ウチが金を払えないから!?何で…何で私たちばっかり…全部あのクソ親父のせいじゃない!」憎悪を叫ぶ桐島、余裕の立ち姿で聞く仮面。彼はやがてしゃがみ、桐島に近付く。

「はいはい…全部お父さんのせいだよねぇ…ボクは借金の取り立て屋かもねぇ…候補者が増えたけど大丈夫かなぁ?困ったら有料だけど監禁オプション使ってね?タッチペン口で拾えば使えるからさ。トイレとか…まあボクが連れていくんだけどさぁ。」金ないやつにオプションを勧めるナイス皮肉タイミング。

目的は賞金1000万?

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20170224122713p:plain
ヴォルデモート!

「監禁者の俺はキミ何をしたって構わない…腕を折っても足を切っても誰も助けに来ないんだ…

驚愕の表情を浮かべる桐島。

カッカッと近付く仮面の足音。「少しは理解してきたか?自分の立場ってやつを…さて…ここからが本番だよ?」ばっと後ろに回る仮面。

バク…「…え?」

クイッと桐島の拘束された手を取る仮面は、「まあ一応…ルールでは〇したら失格らしいけど…監禁者の行動を制限するオプションはないからね。ここでは何をしても許される。初日だし…小指を折ってみるとか…どうかな?」仮面の親指が桐島の指を分ける。

「え…?嘘でしょ?ちょっと…やめてよ。マジで頭おかしいってば…ホントお願い…やめて…」この言葉を江山は何度桐島へ言ったのだろう。

「…え?何で?自分は好き勝手やってきたのに…?」

おかしいだろ…それ…

f:id:news_video:20170224123249p:plain
オネエになる体操!怖いよ怖いよ…

後ろを見ようとする桐島。

この仮面の男…もしかして…「…バーカ。あいつらがイジメられるのはね…あいつらが弱いのが悪いのよ…強い相手にビビって何も出来ないあいつらが…」バッと振りほどく。

「どうして自分たちがイジメられるのか…あいつらにはわからない…だから変われない。そんなのイジメられて当然でしょ!」等と持論を展開し、「お前の名前すぐに当ててやる…私がここから解放されたら生きていけると思わないで…絶対追い詰めてやるから!」ギリ…歯を食いしばった。

ただ棒立ちで話を聞く仮面は カチャとドアを開け、フラッ…と廊下に出た。

桐島を壊すなんて簡単だと思ってた。なのに…怖くて何も手が出せない…監禁して…手足を拘束して…それでも僕は桐島が怖いのか…ってか、人を直接攻撃するなんて普通誰であっても嫌だし怖いでしょ。

"あいつらが弱いのが悪いのよ…!"桐島の顔が浮かぶ。

どうすれば…

…!

f:id:news_video:20170224123827p:plain
はい、適任!ぶっ飛んでんのキター

女はノコギリの歯にチュッ♡

なんか…ヤバい人だ。

視線に気付いたのか、「あなた…もしかして監禁ゲームの参加者…?」

二人の目がバッチリ合う。

一方その頃桐島は、「今村か…江山…どっちだ…絶対当ててやる…!

画像引用元:https://goo.gl/ixB3FN

感想・考察

弱味回でした。イジメることで人に恨みを買われまくっている桐島は、家庭に問題を抱えていたということがわかります。父親のせいで借金地獄、母親は体調不良のようです。残された家族を安心させるために優等生を演じ、我慢我慢の生活を送っているのでしょうが、江山の言うように、そのストレスをイジメで発散するのは褒められたことではありません。ただ、桐島の評価できる部分は、触れて欲しくない部分をつつかれても、小指を折られそうになっても、強気の態度を変えないところです。これは、監禁者が江山であることを想定し、その性格を把握した上で凄んでいるようにも見えます。実際江山は直接的な攻撃をすることなく終わりました。これから監禁者という役に馴染み、チェーンソーぶっ飛び女等との交流を図れば、どのように化けるかわかりませんが、桐島も負けていられないでしょう。なぜなら、賞金1,000万円は喉から手が出る程欲しいはず…次回、第6話に続く!


スポンサーリンク

 

監獄実験―プリズンラボ― : 1 (アクションコミックス) 監獄実験―プリズンラボ― : 1 (アクションコミックス)
貫徹,水瀬チホ
双葉社
売り上げランキング : 669
Amazonで詳しく見る

【次回:第6話ネタバレ感想

【前回:第4話ネタバレ感想】

 【第1話ネタバレ感想】