人気漫画につっこみ!

監禁嬢10話無料ネタバレ画バレ感想:記憶

“漫画アクション”で大好評連載中!河野那歩也による戦慄のエロティックサスペンス漫画「監禁嬢」第10話「記憶」のネタバレ感想をお送りします。岩野の“打つ手”とは…?

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  監禁嬢 : 2 (アクションコミックス)

高校教師の岩野裕行(いわの・ひろゆき)は、愛する妻と娘の3人で幸せに暮らしていたが、ある日岩野は見知らぬ女にスタンガンで襲われ、監禁される。女はカコと名乗り、自分を思い出すよう迫る。解放され日常に戻るかに思えたが、カコに娘を拉致され道路に投げ捨てられたことを機に、岩野はカコに対しての“打つ手”を模索する。

ネタバレ

都心にある1軒のカフェ。沢山の壁かけ時計がカチ…コチ…カチ…と静寂に響く。

チリンチリーン

f:id:news_video:20170125211207p:plain
ハグリットの家 自由が丘とかにありそう。

ぽかんとした顔をするカコは、スマホに目を向け「…なるほど…美沙ちゃんを装って私を誘うなんて…岩野さん…やるじゃないですか…」ニィ…と広がる赤い口紅がなんとも不気味だ。

岩野は緊張した面持ちでいる。

一方その頃、カフェの外では…「ん~さすがに…中に入ったらバレちゃうか…ゴメンね先生…ついてきちゃった!」キャスケットを被った中途半端な変装の麻希がいた。

「でも先生…どうするんだろ?とりあえず出てくるまで待つか…なんか探偵みたいで楽しくなってきたぞ!」呑気w

―カフェ内―

f:id:news_video:20170125212005p:plain
これが“打つ手”?前回麻希に「打つ手がないわけじゃない」と話していたが、手切れ金かよ…

差し出された封筒に目をやるカコ。「…何ですかコレ…」

「今俺が払える限界だ…コレで藤森との動画を消して…」嫁と子どもの顔が目に浮かぶ。

「俺と俺の家族の前に…二度と現れないでくれ。もし、のめないって言うなら俺はっ…このままお前をケーサツにっ…」

しかしカコはかぶせて、「まだそんなことを…ケーサツに言ったところでアナタ何も言えないでしょう?あの動画が公になったらアナタだけじゃなく…麻希ちゃんの人生までメチャクチャになります…それにあの日から」

数日しか経ってない今…

f:id:news_video:20170125212406p:plain
最恐の脅しw ってかこのやりとり録音しておけばよくね?

「つまり、私の言い様によっては…アナタはレ〇プ犯にだってなるんです。岩野さん…自首でもするつもりですか?」

―先生はあの女に…“男の女に対する負い目”を突かれてるんだよ。

麻希の言葉が思い出され、完全終了の表情になった岩野。

「こんなベッタベタで不粋なモン出してきて…馬鹿にするにも程があります。」自分は棚に上げていくスタイル。

「…わかってるよ…お前の目的が金じゃないことぐらい…」

でも、わかんないんだよっ…

f:id:news_video:20170125215159p:plain
考える人 (ロダン) 追い詰められ過ぎて苦痛に満ちてる…“打つ手”なしか。

カフェのマスターらしき男は、他の客の空いたグラスに水を注いでいる。そんな普通のやりとりが、岩野らの異常さを際立たせた。

スッ…カコの人差し指が立った。「…じゃあ、これはどうでしょう…1ヶ月前の今日…アナタどこで何してました?」カチ…コチ…

「えっ…」

「ホラ即答できない。過去と記憶はイコールではないんですよ。記憶は美化も劣化もする…でも劣化しても…」トンッ 人差し指が木のテーブルを叩いた。

“餃子”!

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20170125220026p:plain
さよなら天さん ピンときたようだ。

「…どうです。思いだせたでしょう?1ヶ月前の今日のこと。」カチ…コチ…カチ…

岩野は美沙子が日輪子をあやしている傍らで餃子を作っていた日を思い出す。

記憶は正確な情報さえ与えてやれば…何度だって蘇るんです。

14時。ゴーンゴーンゴーンゴーン

「離しませんよ、岩野さん。記憶の迷路を抜け出して、目の前のドア、鍵を開けて。確かにそこにいる。」ゴーンゴーンゴーン

アナタの中の私を…

f:id:news_video:20170125220503p:plain
加藤紗里

ニッと歯を出して笑うカコ。

「…でも、まぁ…今回あなたは初めて行動した。そこはほめてあげますよ…鬼ごっこをしましょう。」ぐっ…彼女は、椅子から立ち上がり屈伸のようなポーズを取った。

!?

その頃麻希はスマホでゲーム中。「うっし、ハイスコア!!」自由だ。

「もし私を捕まえられたら…アナタにヒントをあげますよ。

画像引用元:https://goo.gl/NWoRa2

感想・考察

打てず回でした。岩野は家族を守るため、カコという得体の知れない強敵に立ち向かうわけですが、作戦は“手切れ金”と“ケーサツに言うぞ”のみでした。勘の鋭いカコを騙して待ち合わせた(これも罠?)のは評価できますが、肝心の内容がこんなにペラペラなら下手にコンタクトをとらなかった方が良かったでしょう。本文でも言及したように録音でもしていれば別なんですがね…結果的に岩野は逆に脅され、「過去と記憶について」は完全に言いくるめられ、謎の鬼ごっこ宣言まで下りました。しかも捕まえらえたら「ヒントをあげる」だけという終わりそうもない戦いです。なんだか麻希が関わってきそうな予感がしますね。更にややこしくなること間違いなし…次回、第11話に続く!


スポンサーリンク

 

監禁嬢 : 2 (アクションコミックス) 監禁嬢 : 2 (アクションコミックス)
河野那歩也
双葉社
売り上げランキング : 949
Amazonで詳しく見る

【次回:第11話ネタバレ感想

【前回:第9話ネタバレ感想】

【第1話ネタバレ感想】