人気漫画につっこみ!

生贄投票27話無料ネタバレ感想:集団心理

現在eヤンマガで絶賛連載中!江戸川エドガワ作の漫画「生贄投票」第27のネタバレ感想をお送りします。金子の究極の問いに生贄君は…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス)
>>コミなびで無料試し読み

高校2年生の今治美奈都のスマホ画面に突如現れた「生贄投票」。自殺した元担任二階堂ありさの呪いと語るこのアプリは、自分以外のクラスメイトを生贄として投票し、得票数が最も多い者に“社会的死”が与えられるというもの。過去の生贄たちはエ口動画等を拡散された。玉森修太が犯人ではないかと疑う金田淳はアプリに問いかける。「投票で選ばれた人間を〇すことってできる?」

ネタバレ

f:id:news_video:20170127212832j:plain

犯罪利用される生贄君w

周りの生徒たちも「え…?何」「何?どういうこと?」とザワつく。

金子はスマホを見つめるが、「・・・・」反応はない。

図星か?」追撃するも生贄君は固まったままだ。

「おい…マジかよ…」陰キャたちが呟く。

なんで?根拠あるの?」ついに生贄君が喋った。直前までの流れをを知った上での問いかけだ。

「あるよ。玉森は犯人捜しゲームで犯人に選ばれながら、まだ“社会的死”という制裁を受けていない。

皆は思い出す。工藤の仕切りによって玉森修太に21票が入った時のことを。

―玉森の“社会的死”といきたいところだけど、刺さったとこが悪かったね。死にかけてるらしいから…もういいや。―

確かにそうだ…渡邊は共感した。

f:id:news_video:20170127212836j:plain
ならない 間接事実にもならないが、そのまま持論をどうぞ。

驚いたような顔で無言の生贄君。

「確かに…選ばれた人で制裁を免れたのって玉森君だけだわ。」田中知美が援護。

金田はにやつき、「玉森、今晩お前に全員が投票する。お前がどう行動するのかじっくり見させてもらうぞ。」個人的な恨みでもあんのかな?

玉森が犯人ねぇ…ふーん スマホ片手にじとっと様子を伺う渡邊。

「生ぬるくね?」
「こいつ、俺たちを苦しめた首謀者だろ。」
「そーだそーだ」
「こいつのせいで…」
「ふざけんなマジで!」
「〇ね!」

皆、犯人であって欲しいし、誰かに当たりたいのだろう。

「〇ーね…〇ーね…」手拍子が加わり、金子は生贄君が映ったスマホを掲げる。

バッ

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20170127212837j:plain
教祖様? 遠藤が崇拝してんのってもしかして金子かな?気持ち悪い集団心理の出来上がりだ。

渡邊は頭をポリポリとかきながら思う。みんなさすがにいきすぎな気がするけど…俺は関係ないから誰が死のうが知ったこっちゃねーや。 瀬戸を脅しといて“いきすぎな気がする”なんてよく言えたなw

ガラ 教室のドアが開く。

「なにこれ…?」美奈都だ。遅刻してきたのかな。

「今晩からまた生贄投票にルールが戻る。オレたちは全員玉森に投票することにした。

「え…?ちょっと待ってよ…」欠席の穴はでかかった。

「玉森が犯人だということで全員が一致したんだ。」お前が扇動してな。

「タマはずっと入院してたんだよ!?」

そんなわけないよ!!

f:id:news_video:20170127212839j:plain

ずっとそばにいたの? いくら熱っぽく伝えたって説得なんてできるどころか…

「必死すぎ。」ヒソヒソ。 ほーら、周りの女子に笑われた。

「わかった。金田君の提案を受けよう。犯人探しゲームで玉森が犯人でないと宣言した以上落とし前はつける。」男気!?そして、玉森は命をかけたとばっちりw

「そんな…」美奈都は両手で口を押さえて絶句した。すると、

ガッ!「きゃっ」

投げられたローファー。避ける美奈都。落ちるローファー…ゴトン。 二階堂ありさが水投げられた時を思い出すね。

「『そんな』じゃねーよ。こんなことになったのは」

誰のせいだよ

f:id:news_video:20170127212840j:plain

金子の立ち位置横取りw 渡邊も陰キャのくせして自己顕示欲強いなぁ。

遠藤も金子も遠くから嘲笑。

消えてくださーい。」口に出したのは美姫。個人的にはお前に消えて欲しい。

全員の視線は美奈都に向けられ、「そーゆーことなんで、早く消えろよ。」金子の一言で決まった。

ダッと教室を出て行く美奈都。

面白くなってきた。渡邊の心の声は相変わらずであった。

タマが…危ない…美奈都は涙を流しながら疾走した。

―東京中央病院―

「あら、またお見舞い?」美奈都はナースと顔なじみのようだ。病室のカーテンを開けると、「…あれ?」崩れた掛け布団、斜めの枕…誰もいない。

―男子トイレ―

個室の前には車いす。

タッタッタッ

f:id:news_video:20170127212842j:plain
f:id:news_video:20161208174345p:plain

>>コミなびで無料試し読み

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

感想・考察

下準備回でした。次のオチに向けての伏線、ミスリードを組み込んでいます。正体のわからない者に長い事脅かされている2-Cは疲弊状態で、思考もまともではありません。犯人を誰かに決めつけて、とにかく当たりたい、終わらせたいという思いが強いようです。そんな中で登場した金子のやり方は、筋の通ったものではなくても周りをすっかりその気にさせる力がありました。出たり引っ込んだりの渡邊も気持ち悪さを出しています。最後の〇ね〇ねコールはまるでSNSの炎上祭りでしたね。異を唱えるものがいたものなら犯人の一味呼ばわりの上、靴を投げられる始末です。「人を〇せ」と言っている方が明らかにおかしいはずなのに、多数決=正義になってしまう集団の怖さがよく表れています。最後のコマでは、玉森の狂気のタイピングを目にすることとなりましたが、その意味とは一体…?次回、第28話に続く!

スポンサーリンク

 

生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス) 生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス)
江戸川エドガワ,葛西竜哉
講談社
売り上げランキング : 47
Amazonで詳しく見る

【おすすめ記事】

【前回:第26話ネタバレ感想】

 【第1話ネタバレ感想】

>>コミなびで無料試し読み