人気漫画につっこみ!

ドクムシ85話無料ネタバレ画バレ感想:監禁・拘束

原作:八頭道尾、画:合田蛍冬による悪魔のサバイバル漫画「ドクムシ」第85のネタバレ感想をお送りします。意見が対立するレイジとマリ…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  ドクムシ(6) (アクションコミックス)

スギウラ・レイジを含めた見ず知らずの男女7名が廃校に閉じ込められた。教室の電光掲示板には約7日間のタイムリミットが表示されている。探索を進めると、一面ビニールシートが張られ、鎖に繋がれた肉切包丁と土鍋だけが置いてある教室を発見。監禁者の目的はまさか…!場面はレイジの回想に移る。マリとの共依存的恋愛関係に陥いった末、マリは嬉しそうにレイジに妊娠を告げた。しかしレイジは堕ろして欲しいと伝え…

ネタバレ

―数日後―2階建てのアパート前

「あっここだー。」

「ど…どうしよう!マリ 部屋の中で倒れてたりしたら…」「だから様子見に来たんじゃない。」サークルの女子二人だ。心配そうな顔をしている。

ピンポーン「こんにちはー、マリー?いるの!?私アヤだよ。」ガチャ

あっ良かっ…

f:id:news_video:20161224215634j:plain
お前かーい!何かの事後って感じ。なぜ出たのだろう。

「あ…あれ?レイジくん!?」ぽかーんの2人。

「ど…どうしたの!?2人して…」ニコッと笑うレイジ。

マリがね、ここのところ学校に来てないみたいだから、どうしたのかなーって…」嫌な予感。

「マリなら…法事で実家に帰ってるよ。オレその間に部屋の掃除頼まれちゃって。」苦しい言い訳だ。

「マリも大変だねー。」「お母さんの時も急だったしね。」納得した様子の二人が去る姿を確認し、バタンと戸を閉めるレイジ。

「フゥ…どうすんの?心配して友達がきちゃったじゃん。早くいうこと聞いてくれないとオレ…マリが一番イヤなことしなきゃならなくなるよ。」クローゼットがガタ…ガッと音を立てる。

ガチャッ

f:id:news_video:20161224221038j:plain
妊婦監禁!そんなこったろうとは思ったが、冷やしちゃいかん。

「ごめん…オレだってこんなことしたくない。お願いだから墜ろしてくれないか。」マリの頬を撫でながら無表情で言うが、マリは目に涙を溜めてレイジを睨み、プイッ。

強情だな…マリは。「…今日はもう帰るよ。今なら手術もまだ間に合うみたいだい、お互いに冷静になったらまた…」玄関で靴を履くレイジ。

わたしは変わらない。絶対に産む。」拘束も解かれたようだ。

「もうやめようその話は。オレはマリとケンカしたくて来たんじゃないんだから。」都合の悪い返事だと終わらせるレイジ。

ギュッ…

f:id:news_video:20161224222534j:plain
気付いてたんだw盲目から、気付いた時には既に遅しだったんだろうなあ。

「わ…わたしたちしばらく会わないほうがいいのかも。」マリは目をこする。

「会わない…!?そんなのダメだろ。」マリを捉える濁り切ったレイジの目。完全にメンヘラスイッチが入っていらっしゃる。

シーンは変わり、ゴトゴト車を運転するレイジ。「子どもなんてさ、育てていい価値のある人間しか世に出しちゃいけないんだよ。」後部座席にはマリが横たわり、今までの拘束に目隠しが加わっている。

出来の悪い子どもは邪魔だって。母さんはいつも言ってたっけ。

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161224223113j:plain
バトデラ!サオリそしてマリ…

何度か昼間に下見には来てたけど、通称“バトデラ”…ドクッ 下見は面倒臭がらないようだw何度も行くと目撃者とか増えそうだけど…人が来るような場所でもないか。

「んんーーーーッ」目隠しを外されたマリは絶叫。といっても口がふさがれている。サークルの飲み会でバトデラの話が出ただけで震えあがっていたマリには耐えられないだろう。

んッ…んん…んぅ…

「マリ…おいで」レイジはマリの両手をそっと包むとガラッと一つの部屋を開け、マリを連れ、一人残した後でピシャッ!

ごめん…

f:id:news_video:20161224225633j:plain
ボロ過ぎて壊せそうw レイジは自室での監禁時点でヤバいやつって確定してんだから警察に駆け込むべきだった。

マリはなんとか口に貼られたガムテープを取る。

「どうして…!?レイジくん…!レイジくん!!」ドンドンドン

「頼むからあきらめて、そしたら帰れるよ。オレといっしょに…帰ろう!?

マリはブルブル震え、涙を流す。ここはあきらめたふりしちゃえよ!

バサバサッキキィッとこうもりが飛んできた。

「キャアッ!!こ…怖いよ…」その声を聞くレイジは自分で閉じ込めているにも関わらず辛そうな表情で、ギッギッ…

レイジく…

f:id:news_video:20161224230129j:plain
いやあああああああ

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

感想・考察

肝試し回でした。今まではユキトシのことをサイコパスだと思っていましたが、レイジも負けず劣らずですね。邪魔者は容赦なく消していくスタンスに驚愕です。また、頑固なメンヘラをこじらせたマリは今回は完全に受け身で、レイジの異常なオーラに気圧されています。適当に言うことを聞いて、解放されたら鎌田のところにでも泣きつけばどうにかなりそうなもんですが、マリにはそんな思考はないでしょうね。これにてバトデラに関わる人物は、蠱毒を行ったミチカ、サオリを葬り去ったユキトシ、そしてマリを監禁したレイジ…禍々しさを吸い寄せる魔力のようなものを感じます。さあ彼女の運命はいかに?次回、第86回に続く!


スポンサーリンク

 

ドクムシ(6) (アクションコミックス) ドクムシ(6) (アクションコミックス)
合田 蛍冬,八頭 道尾
双葉社
売り上げランキング : 12023
Amazonで詳しく見る

【おすすめ記事】

【前回:第84回ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】