人気漫画につっこみ!

ドクムシ83話無料ネタバレ画バレ感想:マママリ

原作:八頭道尾、画:合田蛍冬による悪魔のサバイバル漫画「ドクムシ」第83のネタバレ感想をお送りします。マリとレイジの恋愛の行方は…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  ドクムシ(6) (アクションコミックス)

スギウラ・レイジを含めた見ず知らずの男女7名が廃校に閉じ込められた。教室の電光掲示板には約7日間のタイムリミットが表示されている。探索を進めると、一面ビニールシートが張られ、鎖に繋がれた肉切包丁と土鍋だけが置いてある教室を発見。監禁者の目的はまさか…!タイマーは0になったはずなのに何も変化がない。最後の一人になるまで終わらないようだ。場面はレイジの回想に移り、マリとの共依存的恋愛模様を繰り広げる。

ネタバレ

「レイジくーん!こっちー」マリが手を振るその場所は、うわっすごい店…!ランチ5千円…!

「ごめんねー急に呼び出して。」えっい…いや金…大丈夫か…!?

マリ!

f:id:news_video:20161223004822j:plain
聞いてないよ~の鎌田ドッキリw

「待たせたか?」「ううん今来たところ」マリと会話をしている男は…誰!?

「レイジくん、こちら鎌田美晴さん。わたしの…お父さんです。」ぎこちない親子関係に巻き込まれるとはw

えっ!?お…お父さん!?」レイジは驚きを隠せない。

「鎌田だ。よろしく」ニコッと完璧なスマイル。

「え…っと、は…はじめまして。スギウラ…レイジです…」たどたどしい自己紹介をしながらも、目線はママママリー…マリは両手を合わせながら、申し訳なさそうに「ごめんねー会わせろって聞かなくて。」面倒くさがりなレイジに正直に言ったところで来るわけないから、この方法しかなったのだろう。

f:id:news_video:20161223005902j:plain
いい気味wと思ってしまうのは普段のレイジの素行のせいだ。

食事が終わり、店を出る頃にはゲッソリなレイジ。ほとんど味がしなかった…

するとマリが「ポーチお手洗いに忘れちゃった!取ってくるー」わっかりやすいフラグを立てたw

鎌田は咥えタバコで例の携帯灰皿を胸ポケットから取り出していた。

あ…え…えっと…どうしよう…でも優しそうなお父さんでよかった…刑事って聞いてびっくりしたけど…

「あ…あの…今日はごちそうさまでした!」ぺこっ

「スギウラくん」ス…と右手を差し出す鎌田。

「あ…はい」レイジも嬉しそうに右手を

ガッ

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161223010922j:plain
一本!

胸倉を掴まれているため、まだ地面から数センチ浮いている状態のレイジ。

「マリは俺の命以上の娘だ。目を見ればお前がどんな人間かぐらいすぐにわかる。中途半端な気持ちならマリの前から今すぐ消えろ。いいな!」刑事の目じゃなくとも一瞬見ただけでクズってわかりそうなやつだもんね。

レイジは険しい表情で見上げる。マリはオレをわかってくれてる。あんたに何がわかるんだ。

「今日は本当にありがとう!レイジくん」

f:id:news_video:20161223012344j:plain
漂うラブコメ感 

今まで家族の話なんてしたことなかったけど…苗字も違うしマリもいろいろあるんだろうな。鎌田の名刺を改めて見て感じるレイジであった。

「で…でも自慢のパパじゃない?若いし警視庁なんてエリートっぽいし。」相当過保護だけどな。

「そう…かな」カラン…と飲み物のストローを触りながらマリは言う。

「わたしはお父さんとお母さんみたいにはなりたくない。」

f:id:news_video:20161223011642j:plain
で、なんでレイジw人選ミスも甚だしい。真逆を行っている。まあ、マリの幸せがどういう状態を指すのかは知らないけど。

オレはマリがいるだけで、それだけで幸せだよ。

―映画館前―

「え?風邪?」「ごめんね…映画楽しみにしてたのに。」電話越しで答えるマリ。

「いってそんなの。いつでも行けるよ。それより病院って…1人で大丈夫?迎えに行こうか!?」あれ?なんか前より優しくなってんじゃん。

「うん、大丈夫…レイジくんに伝染るといけないから。」

f:id:news_video:20161223012511j:plain
なんだかんだ好きかよ!チッリア充め…

「フウ…恋愛映画なんてマリとじゃないと意味ないしな…」2枚のチケットを見つめた。鎌田と行けw

―2日後―駅にて

「あっマリ!」タタタドン!っとレイジの胸にダイブするマリ。

「ど…どうしたんだよ。カゼはもう大丈夫?」

「レイジくん…」マリはハア…ハア…と息を切らせ無言になる。

…え?何?

f:id:news_video:20161223012956j:plain
…え?何?もう1回…言わないでって感じだろうwマリは嬉しそうにしているが、レイジは喜ぶと思っているのだろうか。

呆然とするレイジ。

「最近具合が悪いのはずっとカゼだと思ってたの。でももしかしたらって思い切って産婦人科で診察してもらったら、妊娠3ヶ月だって!!」わたしとレイジくんの赤ちゃん。

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

感想・考察

<怠惰>=罪回でした。七つの大罪に入る意味がよくわかりましたね。そしてマリの「純情」もまた罪でしょう。そもそも過保護な鎌田に彼氏の存在を打ち明けるのはあまり賢い選択ではないのに、よりによって相手が世のパパが最も許さないようなタイプのレイジですよ。普通なら何もしていないレイジを投げ飛ばす鎌田がおかしなやつなのですが、なんだか自然な反応に見えてしまいました。レイジは当然鎌田を毛嫌いし、更にマリに執着を起こしそうな勢いを見せます。マリとレイジはがんじがらめの二人の世界を「幸せ」だと思っているのでしょうか。だとしたらその結晶とも言える子供ができたら嬉しいはずですね。マリは喜びを隠せない様子です。しかし、レイジは…?断るのが面倒だからと付き合い、避妊するのが面倒だからと妊娠、どんどん事が大きくなっていき終いには…次回第84回に続く!


スポンサーリンク

 

ドクムシ(6) (アクションコミックス) ドクムシ(6) (アクションコミックス)
合田 蛍冬,八頭 道尾
双葉社
売り上げランキング : 12023
Amazonで詳しく見る

【次回:第84回ネタバレ感想】

【前回:第82回ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】