人気漫画につっこみ!

ドクムシ74話無料ネタバレ画バレ感想:止血問題

原作:八頭道尾、画:合田蛍冬による悪魔のサバイバル漫画「ドクムシ」第74のネタバレ感想をお送りします。重症を負ったレイジ、そして鎌田は…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  ドクムシ : 5 (アクションコミックス)

スギウラ・レイジを含めた見ず知らずの男女7名が廃校に閉じ込められた。教室の電光掲示板には約7日間のタイムリミットが表示されている。探索を進めると、一面ビニールシートが張られ、鎖に繋がれた肉切包丁と土鍋だけが置いてある教室を発見。監禁者の目的はまさか…!トシオ、ユミ、タイチ、アカネ亡き今、ミチカを守るためにレイジがユキトシと戦うことに。お互い瀕死状態で…

ネタバレ

バンッ

f:id:news_video:20161211182229j:plain
イヤホンが取れないだと?そうではないらしい。

駐車場に停めた車の中で、ノートパソコンのキー上に携帯灰皿を叩きつける鎌田。

「スギウラレイジ…お前は、なぜ死なない!?」ギリッ…!ハート柄の携帯灰皿が握られる。

コンコン。運転席の窓がノックされた。

お久しぶりです、鎌田警部補。本庁の捜一です。」と言いながら、スーツジャケットの胸ポケットから警察手帳を取り出し広げる男。ふぉー、ついにタイーホあるいは任意同行か?

「降りてくれませんか。お話を伺いたい。ドアを開けてください。鎌田さん!」ドンドンと窓を叩くが、ドアを開ける気配はない。鎌田はネクタイをグッと緩めると、

「まだ終わってない」

グッ

f:id:news_video:20161211184334j:plain
マットが二重だったのかな?博多の暴走タクシーw なりふり構わず逃げる姿勢かー。

「止めろ!!パトカーをぶちかませ!!」駐車場の開閉バーの前に立ちふさがる2台のパトカー。しかし、鎌田はその隣にある料金所を目がけて突っ切る!バゥンッと着地。もちろん料金所はバラバラだ。車はそのままゴォォォと走っていく。

「何て奴だ…逃がすな!」

「まだだ…あいつを地獄を送るまでは…!」

タッ

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161211190500j:plain
赤ちゃんライオン飼ってんの?

ハッとする鎌田。車に気付いた女の子の顔がこちらに向けられる。その瞬間、ギュッとハンドルを切り、ギャギャッガァァァン!車は電信柱に突っ込んだ。車体の前半分はめり込んでいる。あの女の子がマリに似てたから避けたって流れか。

後ろから追っていた警察は停車し、車から乗り出す。呆然と立ち尽くす女の子の後ろからは、母親らしき女性が走って来ていた。

なお車は…フロントガラスが粉々に砕け、中では頭から血を流す鎌田が気絶。ピーポー…ピーポー…右手に握られた携帯灰皿が虚しかった。

―3-3―

ハア…ハア…ドクッドクッ、大きく肉を抉られた右手からは、流血がボタボタと止まらない。

f:id:news_video:20161211191713j:plain
空焚き禁止!あー手に汗握る。

「血…血…ッ」ドクッドクッ…ボタボタ…

裏返された土鍋はジ…ッジジ…と湯気を放っている。ハア…ハア…「はやく…止め…ないと…

ブルブルと震える左腕を土鍋に近付け、ジュウウウッ「ぎゃああぁあああああ」

その様子をミチカは横たわり、涙を流しながら見ていた。

ハア…ハア…ズッズズッ…ズッ…レイジはミチカをおぶりながら廊下を重く進む。ユキトシから離れたいかもしれないが、普通この状態でできる行動じゃない。

「レイ…レイ…ジくん…」ミチカが呟く。

「だ…大丈夫だよミチカちゃん…頑張って」

―1-3―

f:id:news_video:20161211192127j:plain
残り時間多くね?

あと…10時間…!もうすぐ…もうすぐだよミチカちゃん…!」

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

感想・考察

両者終焉に向かう回でした。物語は鎌田シーンから始まりましたね。元々警察から目をつけられていた鎌田は、いよいよ…というところで、無謀にもその場から逃げるという選択をしました。しかし、破壊的な運転中に「ペットを追った小さな女の子が道路に飛び出す」という絵に描いたような事故発生状況に出くわします。もしここで轢いてしまえば、鎌田が散々恨んでいた“理不尽な死”を自ら発生させることになるでしょう。おまけに女の子はマリに似ているとなれば、回避せざるを得ません。結果鎌田は気絶をしてしまいましたので、今後の警察とのやりとりはもちろんのこと、廃校での人間“蠱毒”を運営はどうなるのかが気になるところです。また、鎌田(レンビ)は完全犯罪を狙う冷静な頭脳タイプだと思っていたので、結局強行突破というオチは少し残念ですね。

一方レイジは、毒が回らないように自ら肉を抉り取ったかと思えば、次は止血のために火傷…目を背けたくなるようなシーンの連続ですが、絵的にはそこまでリアリティがないので助かっています。今のところレイジには痙攣等、アカネやミチカに起きた症状は出ていませんので、生き残りの可能性も高いかもしれません。問題は、残り時間が後10時間もあるということですね。また、“蠱毒”というのはミチカの経験によれば、タイムリミットを過ぎたとしても最後の1人になるまでは終わりません。ユキトシがいなくなったとしても、ミチカVSレイジの構図が残されているでしょう。重症を負いながらもミチカを背負って連れて来た1-3はどのような場と化すのでしょうか。第75回に続く!


スポンサーリンク

 

ドクムシ : 5 (アクションコミックス) ドクムシ : 5 (アクションコミックス)
八頭道尾,合田蛍冬
双葉社
売り上げランキング : 10118
Amazonで詳しく見る

【次回:第75回ネタバレ感想】


 【前回:第73回ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】