人気漫画につっこみ!

ドクムシ69話無料ネタバレ画バレ感想:選べない

原作:八頭道尾、画:合田蛍冬による悪魔のサバイバル漫画「ドクムシ」第69のネタバレ感想をお送りします。ミチカの経験した“蠱毒”の儀式が結末を迎える…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  ドクムシ : 5 (アクションコミックス)

スギウラ・レイジを含めた見ず知らずの男女7名が廃校に閉じ込められた。教室の電光掲示板には約7日間のタイムリミットが表示されている。探索を進めると、一面ビニールシートが張られ、鎖に繋がれた肉切包丁と土鍋だけが置いてある教室を発見。監禁者の目的はまさか…!ユキトシに狙われたミチカは回想シーンへ入る。彼女は新興宗教に染まった村で育ち、夏休みの1ヶ月間“蠱毒の儀式”という名のサバイバル空間に置かれた。生き残ったのは友達同士の3人のみで…

ネタバレ

うつむき、気持ちが塞いだ状態のミチカにコータは、「玄関なんかにいたら見張りの大人に脱走かと思われるぞ。ミチカはトロいからすぐにアウトだな!一学期のリレーのときなんかさー」

こんなときに…ギュッ…

f:id:news_video:20161207223456j:plain
お前って呼ぶな!じゃなくて、気遣ってくれてるのはわかってるけど能天気に見えてイラっとくる時ってあるよね。ミチカの状況をわかってあげて!

バシッ!ミチカのビンタがコータの左頬を打った。え…ミチカ…

もう…イヤだ。「明日…今日…死ぬかもしれないんだよ!?それなのに…いつも私をからかって、名前もいつも間違って、私がこんなに悩んでいるのに…チズちゃんにコータくんを〇せって言われてるのに…!」目に涙を浮かべて必死に訴えるミチカに、コータははっと気づいたようだった。ただし、チズとの話を暴露するのはちょっとズルいようい感じる。

「…そっか…ごめんな。オレのせいで。」ちがう…悪いのはコータくんあない。謝らなきゃ…だって…私は…

あ…っあの…!

f:id:news_video:20161207224204j:plain
エンダアアアアアイアアア!チズ、両方ともやっちまえ!

え…

「オレと…逃げよっか、ミチカ。」式場から元カノかっさらいに来たみたいな感じになってますやん!

「ミチカは何もイヤなことしなくていい。オレが…お前を守るから。」このセリフ、レイジが吐いたのと一緒だ。コータと重ねてたのね。

「で…でもそれじゃチズちゃんは…」悲しい顔をするコータ。

「チズは…この村からは抜け出せないよ。親のことも宗教のことも、全部知って覚悟してここに来たと思う。オレはもらわれっ子だし、縁もうすいしさ。こんなところになんか縛られたくない。抜け道はもう見つけてある。明日…ここで待ってるから。

うっすらと雲がかかる満月の光が窓から入り、うつむくミチカの背中を照らし出す。鎖の影が重々しい。

コータくん、チズちゃん。

私がこんなに苦しいのは

f:id:news_video:20161207225723j:plain
三角関係!まあ、普通にしてたってコータはかっこいいから、こんな状況じゃ余計に好きだわ。

何でこんなときに気づくんだろう。こんなの耐えられないよ。

「よしよし、ミチコちゃん、こわくない、こわくないよ…」チズに膝枕をしてもらうミチカは頭をぽふぽふされながら思う。

コータくんを〇せなんて言わないで。コータくんも、チズちゃんを置いて逃げようなんて言わないで。

どっちかを失うなんてありえない。

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161207230536j:plain
ズッ友だょ…!

だから私は、カラ…ン。包丁の落ちる音だ。

床に横たわる血だらけのチズとコータ。彼らを前に呆然と立ち尽くすミチカは、返り血を浴びながら思う。

痛かっただろうに…2人ともほとんど抵抗しなかった。もう疲れきっていたのか、こんなこと早く終わらせたかったのか。どっちかなんて選べなかった。だって2人は私の大事な宝物だから。ギュウッ…スカートの裾を掴む。選べないからどっちもとは“蠱毒”な発想力だぜ。

ジュウゥゥゥ…

いただきます。ごちそうさま。

f:id:news_video:20161207231035j:plain
ハロウィンやり尽くした人。呆然自失ですな。

セミが、鳴いてる…コータくん、チズちゃん。セミ採りしようよ…それから…

通達通り1か月後、私は発見された。村の病院で目覚めたのは1年後。感情が戻るにはもっと長い時間を要したけれど、体はそのまま成長を止めた。えっと、まず感情も戻ってはないぞw

忘れたくても忘れられない。年々経っても鏡にうつるのはあのときのままの私。私はずっとあの蠱毒の中に取り残されたまま。

ドクッ、ビクッ、ハア…ハア…う…あ… ユキトシに針を刺された後のミチカに戻った!

f:id:news_video:20161207231425j:plain
ザッ…ユキトシは小さな体を右肩で抱えて階段を上っていく。

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

感想・考察

儀式結末回でした。腐れ縁のコータとの両想いが発覚し、逃避行ラブロマンスを匂わせたところでこの結果ですよ。友情と愛情の狭間で揺れたミチカの決断が、「選べないからどっちも」とは、<強欲>を表すと共に狂気ですね。結果としては大切な2人を失い、ミチカ自身も我を失ってしまいました。こうしてまで“蠱毒”をさせる宗教団体の思惑はまだ図れませんが、ただせめぎ合う宗教に対抗するための力比べでは済まされないでしょう。さて、回想シーンは幕を閉じ、いよいよユキトシがミチカにとどめでも刺そうという段階です。おそらくバトデラでサオリ事件を起こしたユキトシと、その昔バトデラで“蠱毒”の儀式を行っていたミチカ…二人の絡み合いは見逃せません。次回、第70回に続く!!


スポンサーリンク

 

ドクムシ : 5 (アクションコミックス) ドクムシ : 5 (アクションコミックス)
八頭道尾,合田蛍冬
双葉社
売り上げランキング : 10118
Amazonで詳しく見る

【次回:第70回ネタバレ感想】

【前回:第68回ネタバレ感想】

 【第1回ネタバレ感想】