人気漫画につっこみ!

ドクムシ65話無料ネタバレ画バレ感想:リンリ?

原作:八頭道尾、画:合田蛍冬による悪魔のサバイバル漫画「ドクムシ」第65回のネタバレ感想をお送りします。レイジとミチカの怪しい関係…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  ドクムシ : 5 (アクションコミックス)

スギウラ・レイジを含めた見ず知らずの男女7名が廃校に閉じ込められた。教室の電光掲示板には約7日間のタイムリミットが表示されている。探索を進めると、一面ビニールシートが張られ、鎖に繋がれた肉切包丁と土鍋だけが置いてある教室を発見。監禁者の目的はまさか…!トシオ、ユミ、タイチ、アカネが亡くなった今、ユキトシに狙われたレイジは間一髪でミチカにより助けられ、男女二人きりに…

ネタバレ

 ―世田谷署―

f:id:news_video:20161203003850j:plain
署に射撃訓練場?警察学校とかにあるものかと思ってたが。さすが鎌田ちゃん、様になってるぅ~!

“小林家の墓” マリがお墓の前で頭を垂れる。まだ生きてた頃の回想みたいだ。

マリ…お前やお母さんに向き合えなかったこと、すまないと思ってる。」妻も先に亡くしているとは!いや、苗字が小林という時点で離婚した後の話だろう。

「…お父さん、これ…作ったの。携帯灰皿。まだタバコ吸ってるんでしょ?」ニコッと笑うマリ。こんなん禁煙できなくなるわ!いつだか鎌田の使っていたキャラに似合わないハート模様の携帯灰皿はこの時貰ったものというわけね。

f:id:news_video:20161203004818j:plain
プロポーズwマリは言わないいだろうが、今更都合良いことって状態なんだろうな。職業柄、家庭顧みるのはなかなか難しそうだけど。

「これからはお前との時間も」鎌田が言い終わらないうちに

お父さんわたしね…っ、今つき合ってる人がいるの。とっても優しい人で、わたしはその人と…」いや大学生じゃ早いぞ。一旦鎌田と暮らしておけ。

「え…っとは…はじめまして。スギウラ…レイジです…」ズゥウ…ン…

キョドり、何の取り柄もなさそうな頼りがいのない男の顔と態度が思い出され、
ズガァン!

f:id:news_video:20161203005135j:plain
名うてのガンマン!特打!特打!

レイジの額に当てるつもりで撃ち込んだ。おおー…すげえ…と隣に居合わせた2人の警察官が感心する。

「よくも俺の娘を…」ギリッ…私情入れ過ぎw

腕時計の指す時間は24:00:00

「あと1日だ。スギウラレイジ」

―23:54:07―

階段踊り場に立てられていたトシオの生首は床に落ち、蛍光灯はジジ…不気味さを増す。

―3-3―

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161203010152j:plain
狂気ッス!きれいな顔してるだろ。 ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。ついにユキトシも異常の領域へ行ってしまわれたのですね。

アカネ…ボクとともに、蠱毒を完成させよう。」グッと肉切り包丁を掴み、ブンッ!ザシュ!ガジュッ!ジュブッ!グジュ…しかし何をしたのかはわからない。血だらけになったユキトシの口元だけがあった。空腹を満たすため?それとも刺された針による毒の確認?

ハア…ハア…グフッ…ガブッ…グシュ…ジュウウ…

―1階トイレ―

ガタッバタバタッ…レイジはトイレの奥の壁に寄りかかりハア…ハア…

ねぇ、どうして逃げるの?私、レイジくんが欲しい。」パンツ一丁のミチカがヒタヒタと近付く。

ち…ちょっと待ってよ…!

f:id:news_video:20161203011256j:plain
お前が倫理を語るな!今まで倫理じゃ片付けられない違反しまくりだろうが。「俺は常識人だけど、周りが勝手に…」みたいなスタンスいい加減やめろ。

「リンリ?むずかしくて私よくわかんない。」首をかしげるミチカ。すっとぼけてんなーw

えっ…と困るレイジの隙をつき、ミチカは両手をレイジの首にかけ、「でも男と女がこうするのは知ってる。レイジくんは男、私は女よ。」ガッとホールドからのグッとキス!何がしたいんだこの女は。

身長差でバランスを崩したレイジは「うっんぐっ…ちょっ…ミチカちゃ…!」足をパシッ!とひっかけられズダンッと倒れる。「うわッ…って…」レイジの上に乗るミチカ。

f:id:news_video:20161203012322j:plain
ライクの方?いやラブな顔だよな。女優かそれとも心底か。

…なんて表情するんだよ。お互いの顔が再び近付きドクン…舌を絡める。

こんなこと…ダメだってわかってるのに、この子…女のニオイがする。

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

感想・考察

3人の男による狂愛回でした。

1人目は鎌田です。娘のマリを愛するあまりに彼女をミイラにして側に置き、蠱毒による監禁行為に手を染めてでもレイジへの復讐を渇望してやみません。しかし今日の回想を見る限り、生前は大して親らしいことをしていないような気がしました。勝手に親心を歪んで増幅されても…って感じですね。

2人目はユキトシです。アカネに対して「助けたい」という愛情が芽生えたかと思えば「毒虫女」と吐き捨て自らの手で命を終わらせたのが前回までです。そして、今回はアカネにキスをし「蠱毒を完成させよう」ザッシュザッシュブシャー…ジキルとハイドですか。今までのユキトシの言動には必ず意味がありましたので、この一連の不可解な行動にも実は…となってくれなきゃ納得いきません。

3人目はレイジです。意志を持たずに流されやすい性格を全面に押し出し、その無責任により大層なことをやらかしてきたレイジですが、今度はロリ相手に発情です。もちろんお得意の「誘ってきたのはそっちじゃないか」で片付けるつもりでしょうが、犯した罪は変わりません。またもやユキトシに発見される展開になるのでしょうか。ミチカの闇も気になるところです。次回、第66回に続く!

スポンサーリンク

 

ドクムシ : 5 (アクションコミックス) ドクムシ : 5 (アクションコミックス)
八頭道尾,合田蛍冬
双葉社
売り上げランキング : 10118
Amazonで詳しく見る

【次回:第66回ネタバレ感想】

【前回:第64回ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】