人気漫画につっこみ!

食糧人類14話無料ネタバレ画バレ感想:玉座の間

eヤングマガジンで人気連載中!原作:蔵石ユウ 、漫画:イナベカズ、原案: 水谷健吾 による“食物連鎖”パニック漫画「食糧人類-Starving Anonymous-」第14話ネタバレ感想をお送りします。“玉座の間”で起きた一部始終が今明かされる!

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)

男子高校生の伊江(いえ)はある日、謎の巨大施設へ拉致される。そこで出会った山引(やまびき)、ナツネにと共に行動をしながら脱出を試みるも、施設内には人間を喰い散らかす「幼体」や、性ホルモン漬けにされた人間「生殖種」がおり、また、カマキリのような怪物の孵化と人食いの瞬間を目撃する。危うく餌食になるところだったが、間一髪!いかにも浮浪者の様相をした怪しいおっさんに助けられた。彼は作業員としてこの施設に潜入した成れの果てで、伊江らは貴重な情報を得る。この施設内には“玉座の間”があり、日本の首相まで出入りしているらしい…

ネタバレ

はああああああああ!?首相がぁ?なんでぇ?山引はあからさまに驚き、ナツネは黙っていた。するとまたもや裕子がw

「嘘なんかじゃないわ。ハッキリ見たの」
f:id:news_video:20161028113624j:plain
顔が包〇wどちらもひざまずいているように見える…つまりこれは既にカマキリが首相である可能性も…ないか

おっさんは思った。「な…何やってんだ?てか…なんでアイツに喰われないんだ!?」やっぱそう思うよね!

首相は下を向きながら叫ぶ。「おおそれっながらぁ、申しっ上げます。我々とぉ致しましてもぉ微力ではありますが、皆様に快適に過ごして頂くためにこの様な施設を建設し、食糧も満足して頂けるよう全力で取り計らって参りました。そこでお願いがございます。かねてからの懸案事項でありますところの温暖化問題でありますが!!一刻も早い解決をお願いできればと思う所存でございます。」え?カマキリにそんな解決能力あるの?そして、地球の温暖化を日本の首相が担っているという…確かに1話では日本が特に異常な感じだったか。

これを聞いたカマキリはズズズと一旦立ち去り、プシュゥと扉が閉まった。すると今度は
ウィィィィィィィィィィン

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161028113129j:plain
キモ卵!?カマキリの卵とはまた違ったような、どちらかというとフジツボ。集合体恐怖症は見ただけで気絶w

なんだぁぁアリャ…と思っていると、SPのような黒服二人が「オイ…通訳を」「わかりました。」なんて会話をしている。ゴロゴロゴロと車いすで運ばれ、ギチギチと両手を前で組む人物。ハンニバル・レクター博士のような顔面拘束具、足枷姿だ。SPの一人は先程のフジツボの穴からズルズルズッとサナダムシのような生物を取り出し、拘束人間の肛門へ入れた。下から脊髄を巻くように浸食していくサナダムシ、拘束人間は完全にイッた目をしている。

「来るぞ」と耳お塞ぐ一人のSP。そして、「ウム」と顔面の拘束具を外すもう一人のSP。

「きょうわごそくろうかけてすまんね」

例のあの人超えの見た目だ。フォントがめちゃくちゃで、大音量なのがわかる。しかし言語モニター当ててんのに、(おそらく)使い捨て通訳が必要なんかいwで、通訳ないと意思疎通が図れないなら、肛門からサナダムシ方法はどうやって教えたの?w

その声のうるささにゴオと地面が響く。首相らはうずくまっていた。「そのコトについてであるがっ確かにキミらには世話になったよね。しかし、それももう要らないんだ。キミたちのおかげで我々の個体数も増えたしい、当施設の運営も我々であたることにしました。今までありがとうっ」

「え?え?い…いや…それは…一体…どんな意味…」うろたえる首相。

ドッ
f:id:news_video:20161028120641j:plain
王手!右にいる大臣の小物っぽい感じも良いねw

これが合図であったかのように、カサカサカサと他のカマキリもやってきて、

「そしてそれから…通訳や首相たちは次々と生きたまま」
ゴッ!パラパラパラパラ…裕子さんの説明を遮ってナツネが壁ドン。

…どこだ?

…え?
f:id:news_video:20161028113131j:plain
画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

スポンサーリンク

 

感想・考察

政府要人殺戮回でした。巨大な施設内でたまたま“玉座の間”を発見し、丁度決定的な瞬間に遭遇するなんて、またもや奇跡のおっさんです。これ、いつの話なんでしょう?換気口から覗くおっさんの姿から察するに、まだ吃音も出ていないし、見た目も若干ワイルドになったくらいなので1年は前かと思います。しかしそれならば、カマキリの仕業とは知らないまでも、政府要人が一気に姿を消したというニュースが世の中を駆け巡っており、伊江たちもそのことは知っていたはずですよね。ここら辺が今後詰まってくると良いのですが。

国は、温暖化の解決を交換条件に大量の人間を犠牲にし、しかし怪物が言うことなんて聞くわけもなく、ただ単に相手のパワーを増大させ、完全に太刀打ちできない状態にしただけでした。一応の施設運営主であった国も、カマキリにバトンタッチ。伊江らが拉致られた時にも既に…ってことですよね。ナツネの最大の怒りに触れてしまった“玉座の間”での出来事。皆で様子を見に行くことになるのか…?第15話に続く!

スポンサーリンク

 

食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス) 食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)
蔵石ユウ,イナベカズ,水谷健吾
講談社
売り上げランキング : 4
Amazonで詳しく見る

【次回:第15話ネタバレ感想】

【前回:第13話ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】