人気漫画につっこみ!

食糧人類10話無料ネタバレ画バレ感想:絶対絶命

eヤングマガジンで人気連載中!原作:蔵石ユウ 、漫画:イナベカズ、原案: 水谷健吾 による“食物連鎖”パニック漫画「食糧人類-Starving Anonymous-」第10話ネタバレ感想をお送りします。怪物のターゲットは二人目の作業員へ、そして…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)

男子高校生の伊江(いえ)はある日、バスに乗った際に薬を撒かれ、意識を失う。目が覚めると人が人を解体する異様な光景が広がっており、後に謎の液体中毒者ばかりの部屋に監禁された。そこで出会った山引(やまびき)、ナツネは清掃員を奇襲し、彼らに成りすますことで活路を見出す。伊江も彼らと共に行動をしながら脱出を試みるも、巨大な施設内には人間を喰い散らかす「幼体」や、性ホルモン漬けにされた人間「生殖種」…更には謎の生物管理施設に行き着き、カマキリのような怪物の孵化と人食いの瞬間を目撃するのであった。

ネタバレ

f:id:news_video:20161026003514j:plain
ほねっこ食~べて~!2人目の作業員を堪能中。あの管は伸縮自在なんだね…

…なんだ?ありゃ?ウゲエエエ…人喰ってる…え…っていうか、もしかして俺達…完全に袋のネズミなんじゃないか!?と思った伊江。おせーよwww4人入りきることができずに若干扉の開いている用具室なんて、怪物からしたら誘われているようなものだろう。でもここまで考えられる精神状態ということは、変な施設に来てから伊江も成長したもんだw

その間にもゴリ、ガリと嫌な音を立てながら皮の剥がされた顔を見せつけるかのように、頭部を後ろから咀嚼していった。

アイツがどっか行かない限り、俺たちはここに閉じ込められたままだ…いつどっか行くんだ?いつここから出られるんだ?10分後か1時間後か3日後か1年後…ジワッ。冷や汗が出る。くっそぉぉぉどうすればここから出られるんだ…と思っている間も明後日の方向を向いているカズであったw

そしてアイツが俺たちに気付いたら…こんな薄い鉄板のドアなんか…え?ドアにつかみかかる怪物の手。えっ!?えっ!?なっ…バキィッ!「うああああああ」ブチィッ!伊江の身体が真っ二つに引き裂かれ…るという伊江の妄想はここまで鮮明になっていた。死…死にたくないいいい…ハアハア。いてもたってもいられれなくなった伊江は「あ…あのですね…」とナツネに話しかけるが、ツンッと鼻先を指され、シーッとの合図を受け取った。伊江が女子だったら完全に惚れた瞬間だろうw

コクッと頷く伊江。そんな状況とも知らずにガリゴリグチュッと食事を楽しむ怪物。伊江の汗はしたたり落ちて、山引はそれをすかさずキャッチw

なっ…落ちた汗を指で…!!やっぱりこの人ただ者じゃないと思ったwなんかこの2人と一緒だと、この状況から抜け出せる気が…

グッグ
f:id:news_video:20161026003521j:plain
生理現象!汗じゃ腹の足しにはならなかったw山引がやらかすのは珍しいな~。3日間飲まず食わずだから無理もないが。

このカマキリ虫怪物は、腹の虫に気付いてしまったようで、食事に夢中な状態にも関わらず、用具室の方向へ首を回す。

「山引…てめえぇ…」場所が許せばすぐさま殴りかかっていたであろうナツネw

「イヤ、全く以て申し訳無い。あんまり美味しそうに食べていたんでつい…」ハアアアアアッ!?伊江のナイスな感想である。理由が美味しそうに食べてたからって思考回路おかしいw

ペタペタペタペタペタペタ 這うように歩を進める怪物。もうダメだ!!ベタベタベタベタ…シーン…なんだ?動いて…ない…?なんだ?どうしたんだ?覗いてみると、怪物の足首は手で掴まれている。

えっ?え?

スポンサーリンク

 

f:id:news_video:20161103160907j:plain

2コイチ!さりげなく孵化してました☆となると、あの作業員たちがデュロメーターで硬さを計測してた意味はなんなんだろう。孵化のタイミングを見計らうためのはずなのに、予測に反して同じ時間に2体孵化しちゃってるじゃんw伊江たちが死ぬ確率も2倍になりそうだ…

管先の歯でズルズルと餌(人間)の取り合いをしているようだ。その力は凄まじく、身体はブチッと真っ二つに切れた。

ガリゴリ…うわっ、コッチ見た。逃げないと!!来る気だぞ!!どこへ!?ペタペタペタペタと脅威の速さで向かってくるのはなんと2体!そして用具室の扉を魔女のような手が

ガッ
f:id:news_video:20161026003524j:plain
画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

スポンサーリンク

 

感想・考察

怪物の恐怖回―続き―でしたね。五感は人間並みといったところでしょうか。嗅覚が優れているわけではなようで、視力、聴力で人間の存在を判断をしています。
また、今回は途中で飽きさせないよう、伊江の妄想を盛り込み一瞬「え?主人公死んだの?」なんて思わせるひっかけもありました。これはちょっと賛否が別れる演出でしょうか。
さて、伊江らは袋のネズミなのは承知の上で、なんとか逃げ道を考えたいところです。しかし、敵が2倍に増殖するというさらなる状況悪化を迎えます。今までいくつかのピンチを潜り抜けてきたわけですから、今回も上手く隙をつければ良いのですが…。例えば、伊江らを巡って2体で取り合いになるため、その合間をぬって…なんてどうでしょう。11話に続く!

スポンサーリンク

   

食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス) 食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)
蔵石ユウ,イナベカズ,水谷健吾
講談社
売り上げランキング : 4
Amazonで詳しく見る

【次回:第11話ネタバレ感想】

 【前回:第9話ネタバレ感想】

 【第1回ネタバレ感想】