人気漫画につっこみ!

食糧人類8話無料ネタバレ画バレ感想:孵るかよ

eヤングマガジンで人気連載中!原作:蔵石ユウ 、漫画:イナベカズ、原案: 水谷健吾 による“食物連鎖”パニック漫画「食糧人類-Starving Anonymous-」第8話ネタバレ感想をお送りします。新たな管理施設にたどり着いた伊江たちは、思いもよらない光景を目の当たりにすることに!

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)

男子高校生の伊江(いえ)はある日、バスに乗った際に薬を撒かれ、意識を失った。目が覚めると知らない場所に拉致されており、人が人を解体する異様な光景が広がる。後に監禁された狂ったデブばかりの部屋では、奇跡的に正常な人間である山引(やまびき)とナツネに出会うものの、やがて長く太い触角を持つ巨大な幼体が姿を現し、人間を喰い散らかしていく―。なんとか難を逃れた3人は、清掃員を奇襲し、彼らに成りすますことで脱出を試みる。しかしその最中に謎の幼体管理施設(?)に行き着き…

ネタバレ

は…はああ?なんだコレぇ…フラッ吸い寄せられるように中へ進む山引
f:id:news_video:20161025001114j:plain
と言いつつタッチwカズでさえあんぐりとはw

ん?なんだアレ?天井…見上げると無数のモニターが怪しく光を放っていた。それぞれの画面に映るのは「Hello.How are you?」「你好。你好吗?」「مرحبا هناك كيف حالك؟」…なんだ?あのモニターは。中国語に英語…スペイン語にアラビア語、ロシア語…日本語もある。確かに前回「こんにちは。お元気ですか?」ってのがあったね。その文字たちが、幼体に反転して映っているのだ。伊江は果敢にもその幼体に触るが…

え?
f:id:news_video:20161025002727j:plain
いかにも動きそうだろw山引ならまだしも伊江がよく触ったなwとはいえ、何かもわからないのに触るのってかなり危ない行為だよね。動いて暴れて殺されるかもしれないのに…

シッ!山引が会話を止める。施設のシャッターがウイイイインとゆっくり開き始めたのだ。防護服姿の作業員がワゴンを押しながらぞろぞろ入って来る。ゴロゴロゴロ・・伊江らは用具入れのような場所に身を隠し、そして伊江は、カズが静かにしていられるかだけが気がかりだったwなんだアイツら。何をしてるんだ?

一体ずつ点検していく作業員。懐中電灯で照らし、そして…

f:id:news_video:20161025002414j:plain
ストップウォッチ!?手榴弾かとも思ったが、数字らしきものが表示されているので、何かを計測しているのだろう。

なんだ?奴ら何を調べてるんだ?結果をパソコンに打ち込んでいるようだが…「デュロメーターのようですね…」硬さを計測する機器らしい。山引はよく知っている。ジャガイモ煮る時とかに使えるかなw

その後作業員は、幼体にシュッシュッと洗剤のようなものを吹きかけ布で拭き、手の届かないところは
f:id:news_video:20161025012924j:plain
音声さーん!のマイクのように見えるが、鳴き声を発する気配はないからおそらく柄の長いモップだろう。まあ亀の甲羅とかもタワシでゴシゴシするみたいだし、おかしいことではないのかな。にしても、このVIP待遇はアンジェリーナ・ジョリーのペットでもないと実現不可能だろう。ギリ哀川翔…いや無理w

掃除だろうか?よっぽど大事にしてるモンらしい。いや…でも…「みんな表情硬くないですか?怯えてるというか…」

ガンッ!誰かがバケツを蹴っただけで作業員はビクつき、ハアハアと息を荒げるのであった。そんな空気感の中、ある作業員が担当する幼体が…
ピッ ピピッ 

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161025003647j:plain
セル誕生!?

作業員は一斉に持ち場を放棄しダッシュで逃げ、一人がか火災報知器的防犯ベルを「強く押す」
ジリリリリリリリリリリリ
状況を知らないナツネは「なんだ!?」と焦った。ドドドドドドドドと作業員が雪崩のようにシャッター出口へ押し寄せる音。そして「うわああっか…か…孵ったぞぉ!」という声。「閉まるぞーっ!早く早く早く」ガラガラガラ…ガシァァン。こうしてシャッターは閉められた。うっ…シャッターの内側には2人の作業員が残されていた。「開けてくれえ、開けろおおおおお!」ドンッドンッドンッとシャッターを叩く。「頼む!!ここをっ…ここを開けてくれえええ」ドンドンとしたところでその思いは伝わるはずもなく、「オーイ!!オーイ!!」ピチャ…一人の作業員の顔に液体が垂れた。手で拭って確認するとそれは血液で…もう一人の前面の皮がベロっと剥がされていた。

画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

スポンサーリンク

 

感想・考察

そりゃあ作業も怯えるわけですね。拉致されてなくても死と隣り合わせですか。

伊江らは偶然居合わせた場所で、偶然にも最悪な瞬間を見てしまいました。作業員が「孵った」と言ったことから、管理されている幼体は卵の中にいる状態のクリーチャーだったということがわかります。というよりサナギですかね?前回「生殖種」ゾーンの作業員がナツネに対し「ゆで卵からひよこが孵るかよ」と言ったことを思い出し、図っての事であればさりげなくリンクさせて来るなと思いました。しかしこの生物は、複数言語のモニターを当てていることから、知能を有する可能性も伺えますし、殺し方が“カワハギ”というのも手先が器用です。北京ダックのような贅沢な食べ方をするのはよして欲しいですが(笑)これらの生物を育てる理由はどこにあるのでしょう。宇宙人の侵略系SF展開だったり…?謎の解明はまだまだ先のようですね。

最後に、一点気になった箇所を取り上げます。この施設の閉鎖状態についてです。伊江らは「生殖種」ゾーンからつながる道を辿って、何の障害もなくあの施設に入ることができました。一方作業員たちはその入り口とは別の場所から、シャッターを開けて入ってきましたよね。だとしたら、唯一の逃げ場がなくなったように“ドンドン助けてくれ”とやっていた2名の作業員は、伊江たちが入ってきたところから脱出できるのではないか?なんならクリーチャーがそこから出て暴れ出すんじゃないか?等と疑問に思ってしまうわけです。まー逃げるには遠かったのかなってことで目をつむりましょう(笑)こうして閉じ込められた状態を作り出していると考えるのならば、用具入れ(?)に身を隠している伊江らもピンチです!逃げ切ることができるのでしょうか?第9話に続く!

スポンサーリンク

 

食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス) 食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)
蔵石ユウ,イナベカズ,水谷健吾
講談社
売り上げランキング : 4
Amazonで詳しく見る

【次回:第9話ネタバレ感想】

 【前回:第7話ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】