人気漫画につっこみ!

食糧人類7話無料ネタバレ画バレ感想:正体

eヤングマガジンで人気連載中!原作:蔵石ユウ 、漫画:イナベカズ、原案: 水谷健吾 による“食物連鎖”パニック漫画「食糧人類-Starving Anonymous-」第7話ネタバレ感想をお送りします。ここにいる全員のなぜ…新たな発見が遮ってゆく。

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)>

男子高校生の伊江(いえ)はある日、バスに乗った際に薬を撒かれ、意識を失った。目が覚めると知らない場所に拉致されており、人が人を解体する異様な光景が広がる。後に監禁された狂ったデブばかりの部屋では、奇跡的に正常な人間である山引(やまびき)とナツネに出会うものの、やがて長く太い触角を持つ巨大な幼体が姿を現し、人間を喰い散らかしていく―。なんとか難を逃れた3人は、清掃員を奇襲し、彼らに成りすますことで脱出を試みる。しかし他の作業員に呼び止められ連れて行かれた場所は…性ホルモンの薬漬けにされた「生殖種」の海だった!なお、ナツネはそこにいた女にキスをし、その後バッキバキに殺す。

ネタバレ

ナツネは殺した「生殖種」女の死体を運び、地面に寝かせ、開いた目に手をかざし、そしてなーむー…死んだ方が綺麗だぜ。やっぱり奥さんか彼女だったんだろうなー。しかし、伊江には虫のたかる女にいきなりキスしたと思ったら殺したという風にしか映っていないのだろうw

この人祈ってる…このナツネって人は…一体…どんな人なんだ?」と伊江は思った。

「それにしても…ここ…結構大変な施設かも知れませんねぇ…」と山引。うんそれ2話前ぐらいからずっと言ってるじゃんw大規模で運営してる説聞いたよ。でもまだ気になるらしい。

人間を監禁・繁殖・飼育・解体って誰がなんの目的で運営してるのだろうか?山引は最初こう考えた。反社会的大組織による生体移植用のいわゆる「臓器ビジネス」のための人間牧場…まあつまり…マフィア的な某企業なりが生きたまま臓器を手にする目的で人間を集めているんじゃないかなーと。

でも違いますね。

f:id:news_video:20161103160149j:plain

幼〇!「女」だったらロリいのに、「体」はグロいからなー。

「それって、あの触角の!?アレは一体…」そうだ、伊江は「振り返るな」と言われたからまだ姿を確認していない。しかし、知らぬが仏で済まされた。知っている山引は、「でも・・あの生物はなんなんでしょう。あんなの見たことありませんよ…ひょっとして国で開発してるB兵器…いわゆる生物兵器ってモンだったりして…」なんて想像を膨らませていた。

その間も死体の側でうつむくナツネ。

山引のB兵器説を聞いてビビッた伊江は、「そっ…そんなことより今は一刻も早く施設を脱出することを考えましょうよ!!」と発言。

すると今まで空気だったナツネがヌッと立ち上がり、「俺は出ない。」
…へ?

f:id:news_video:20161024035344j:plain

まー恐らく大事な人をあんなにしたやつの正体を突き止めなきゃってことだろう。それにしても君たち3日間飲まず食わずなんだからこのままだとやることもできないまま餓死るよ?w

伊江は「いや、でもまずはココを出ないと…」と珍しくマトモな意見を言ったw
「なんでですか?」山引によれば、「この施設ねぇ…面白くて素敵なトコだと思いません?外で経験できないような刺激に満ち溢れた楽しいトコですよぉ。退屈な外には二度と出たくないですねぇ。」あ、そういう風に思えるお薬打たれちゃったのかな?w

なお、この場所はまだ「生殖種」ゾーン。くっちゃべってる間にも格子の間から女の手が出て、求める声が聞こえてきていた。

「あっちか」等と探すナツネ、「非常に興味深い」と好奇心旺盛な山引。この人たち…「そうですか。じゃあ俺はカズと…あ…あれ?カズ?

うおおおおお伊江ぇええええ

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161024025322j:plain
Oh, yeah!ちょっと可愛く見えたら末期w 

3人はカズの下へダッシュ!
ナツネ「クソッ…アイツを黙らせないと。」一生黙らせないように注意w
伊江「あのバカ!勝手にウロついて捕まったらどうすんだよ!?」いやお前が狂ったデブ連れて来たんだろw
山引「何―っ!?何が面白いの!?」こいつ“進撃の巨人”のハンジに見えて来た…

かけっこは伊江が一等賞で「カズ!!騒ぐなよぉ」と後ろからキャッチした。

ん?…え?
f:id:news_video:20161024025319j:plain
画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

スポンサーリンク

 

感想・考察

こっからいち早く出たい伊江、やることがあるから出ないナツネ、面白いからここにいる山引、狂ったカズ…行動を共にしているものの、その目的はバラバラであることがわかりました。しかし、皆が共通して持っているであろう興味はこの施設の「正体」です。“思いは通じる”とはこのことなのか、最後に新たなヒント“幼体管理施設(?)”を発見。「こんにちは。元気ですか?」という文字が反転して映っているのを見て、ガンツに出て来る球体の不気味さを思い出しました。さて、ここにいる幼体たちはまだ完成されてはいないようですね。おそらく上から吊るされ、微動だにしない…やはり劇薬を作ってしまわれる「あの方たち」によって大量生産されたものなのでしょうか?“知らぬが仏”だったのに、目にしてしまった伊江の反応も気になります。第8話へ続く!

スポンサーリンク

 

食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス) 食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤングマガジンコミックス)
蔵石ユウ,イナベカズ,水谷健吾
講談社
売り上げランキング : 4
Amazonで詳しく見る

【次回:第8話ネタバレ感想】

【前回:第6話ネタバレ感想】

【第1話ネタバレ感想】