人気漫画につっこみ!

ドクムシ14話無料ネタバレ画バレ感想:誰がやる

E★エブリスタで人気連載中!悪魔のサバイバル漫画「ドクムシ」第14回のネタバレ感想をお送りします。暴れトシオに周囲は…

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  ドクムシ : 1 (アクションコミックス)

スギウラ・レイジを含めた見ず知らずの男女7名が廃校に閉じ込められた。教室の電光掲示板には約7日間のタイムリミットが表示されている。探索を進めると、一面ビニールシートが張られ、鎖に繋がれた肉切包丁と土鍋だけが置いてある教室を発見。監禁者の目的はまさか…孤立したトシオはトイレ帰りのユミを暴行し、その姿が発見される。開き直るトシオにユキトシが一つ忠告を…

ネタバレ

f:id:news_video:20161018010740j:plain

抽象的ー!忠告とのことだが、かと言ってトシオが皆の中に戻れるかっつったら無理なので、「お前、引き返せない自滅ルートまっしぐらだぞ」という意味だろう。トシオがここまでくみ取れるかはわからないが、実際トシオは既に一人で幻覚も見ているし、意外とききめ抜群な言葉かもしれない。

「自分の行動をよく考えることだ。時間はたっぷりあるからね」と付け足され立ち去るメンバー。トシオは「ッ…てめ…偽善者どもが…!」と言うのが精一杯だった。お前みたいな悪の塊より偽善者の方がよっぽども良い。

するとトシオはいきなり大声で、

f:id:news_video:20161018011340j:plain

マインドコントロール?wトシオにそんな頭はない上に君のせいで処女を“守れ”なかったんだぞ。今更一人が寂しいだなんてちゃんちゃらおかしいのだが、ここまで恥もなく自分の欲望のままに生きられるってすごいよね。

階段から聞こえる「ユミぃぃ…!」という声、アカネは「あんな奴の言うこと気にしなくていい!苦し紛れよ。アンタにこんな酷いことしといて」とユミの肩を抱いた。こうして皆で教室へ戻る最中、ユミの後ろ姿を指をくわえながら見つめるキモオタがいた…「レ レイジくん…お 女の人のアレってさ…」予備軍きたー!

いつもは思っているだけのレイジもさすがによせよ…とはたいたwこういう不謹慎な発言も躊躇なくできちゃう自分だけの性格だから、バイトさえ続かないんだよなー。

アカネは、女子はしばらく隣の教室を使うことを伝えた。落ち着いたら戻ると言う。ユキトシは了解するが、タイチはミチカと離れ離れになるのが名残惜しそうだった。アカネ、ナイスな判断だ。

—1-2(男子)―

ユキトシは、やれやれ…とストレッチ。「アカネさんがいてくれて助かったよ。男はこういうとき何もできないからね。」その通りだ。しかし、レイジはアカネだって傷ついているはずだ…と思った。だからトシオのことをどうするのかユキトシに聞いてみる。

「うん…ここにはルールも何もない。暴力を取り締まってくれる警察もいない。いざってときは、自分たちで何とかしないとね。

スポンサーリンク

 

f:id:news_video:20161018012806j:plain

コロシアム!まー水しかないところじゃ縄で縛ることも…いやあの肉切り包丁のある部屋のビニールシートでなんとかなるんじゃ?なんて優しい考えは出てこないか!

トシオさんを…!と思ったレイジであった。

—2-1(トシオ)—

階段から教室に移動したらしいトシオは、まだ息を切らせながら焦りと怒りを抱えていた。「ちくしょう…あいつら…!俺をなめやがって…!」ユキトシの冷ややかな忠告がフラッシュバックする。ビクッ!何やら声が聞こえてくる。

キャハハッ…ハハッ…キャハハッ…アー…キャアッ…「く…来るな」

アー…と現れたのは炎を纏ったベイビー。自らが引き起こした衝突事故の被害者幻覚は構わないが、これによって他に迷惑がかかるからな…

あぁあああというトシオの叫び声は、女子の教室にも届いていた。ユミは怯えるが、キュッと抱き寄せ「アタシがついてる」と落ち着かせるアカネであった。

それを遠くから体操座りでじーっと見つめるミチカ。相変わらず何を考えているのか読めない。「これもアカネの戦略なんだよなー」なんて思ってたとしたら凄まじい観察眼だ。

—残り時間149:00:12—

レイジが腹へったな…と思っているとユミらが戻って来た。かわいそうに、まだ顔色が悪い…

「さて、みんなそろったことだし、少し話そうか。今思ってることとか今後についてとかね。」ユキトシ進行で始まる車座会議。

一番手はタイチ「ト…トシオが階段の近くにいるせいでさ、トイレに行くのも怖いよねぇ…もうさ、何とかしようよ…!アイツ!!」

「何とかって?」すかさず聞くアカネ。

えっ…そ…それは…ええと…そのォ…

f:id:news_video:20161018014126j:plain

お通夜。ユミとミチカは顔まで亡くしてしまった。そしてレイジお得意の心の声が始まる。

みんな…言わなくても心の中ではわかってるはずだ。あのトシオをどうしなきゃいけないかって…!誰かがあいつを止めないと…!なら…誰がやる!?この中の誰かが…

f:id:news_video:20161018011222j:plain
画像引用元:https://goo.gl/T8dEgP

感想

回を重ねる度に倫理が歪んでいきますねー。“蠱毒”なんてものを知ってからは、“いつかは誰かをやる”ことが無意識のうちに前提となっています。今回非人道的な事を起こしたトシオは、1人目を消すための大いなるきっかけ、ターゲットです。レイジたちは正義の行為と捉えているのでないでしょうか。普通の環境ならば、話し合いが無理な相手とは言え、ネタバレ部で書いたようにビニールシートでぐるぐる巻きにしようなんてことから考え始めますよね。しかし“ドクムシ”は違う。心身の衰弱で判断が鈍り、いよいよ…?第15回へ続く!

スポンサーリンク

 

ドクムシ : 1 (アクションコミックス) ドクムシ : 1 (アクションコミックス)
八頭道尾,合田蛍冬
双葉社
売り上げランキング : 13540
Amazonで詳しく見る

【次回:第15回ネタバレ感想】

【前回:第13回ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】