人気漫画につっこみ!

生贄投票21話無料ネタバレ感想:菊川晃司と香川怜

現在eヤンマガで絶賛連載中!江戸川エドガワ作の漫画「生贄投票」第21のネタバレ感想をお送りします。菊川のその後と久しぶりの… 

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス)
>>コミなびで無料試し読み

高校2年生の今治美奈都(いまばり・みなと)のスマホ画面に突如現れた「生贄投票」。自殺した元担任二階堂ありさの呪いと語るこのアプリは、自分以外のクラスメイトを生贄として投票し、得票数が最も多い者に“社会的死”が与えられるというもの。過去の生贄たちは皆セクシー動画等を拡散された。また、新ゲームにより秘密を奪われた菊川晃司(きくかわ・こうじ)は、保身のために友人の点滴に異物を混入?これを悟った美奈都は菊川を顔面パンチ!

ネタバレ

f:id:news_video:20161015004143j:plain

鼻骨骨折!?見様によっちゃお通夜のワンパン後だった。たまたま病院にいた玉森刺傷事件担当刑事たちも駆けつけてるね。

鼻を押さえる菊川に刑事は「君、大丈夫か?」と声をかけるが、菊川は無言。そして、ダッシュで逃げ去った

ハアッ、ハアッ、どこまで逃げただろう…もう家には戻れない…これだけじゃあ…漫喫で3日が限界だな。

えーーー!?逃げ切れたんかいw毛利の行方捜査も滞ってるし、たかだか1人の高校生も捕まえられないって、警察無能過ぎるだろ。サイバー警察とか立ち上げてないで基礎からやり直せ。それとも、毛利も漫喫で過ごしてたっていうから、漫喫ってのはシェルターか何かなのか?w

菊川はあの時のことを思い出していた。美奈都が玉森のお見舞いへ行った帰り際、玉森母と病室を出た隙を見計らって忍び込む。そして注射器で薬液を吸い、それを…

f:id:news_video:20161015010114j:plain

横浜市の病院ですか?こいつが点滴異物混入事件の一連の犯人です!w

きちんと注入はしたものの、シューシューと息をする玉森を見て思わず注射器をカシャンと落としてしまう…おい!これ証拠ですぐ菊川指名手配だろ。

それからはご存知の通り、玉森は急な発作を起こし、菊川がヤジウマに紛れて立ち去るところで、戻って来た美奈都と目が合ってしまったというわけだ。

やっちまった…と思う菊川。そこへ、ピリリリリ、ピリリリ

スマホ画面には“今治美奈都”の文字。もちろん切った。行くあてもなく、近くの神社でうずくまる。すると…

ジャリ

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161015010639j:plain

美奈都!?いや違う。画の区別がつきにくいだけだ。随分ラフというか、下手すりゃキティちゃんの健康サンダルでも履いてそうな格好だが、このフードからちらっと見えるヘアアクセはそう、菊川の元カノ…

「怜…どうして…?」

「きっくんお寺とか割と好きでしょ。ここも二人でよく来たし。江戸五色不動の御朱印巡りもまだ途中だったね。」こいつら終電間際まで遊んでたけど、そんな渋い趣味故だったの?w

クスッと笑う香川怜は、久しぶりに外に出たらしい。なぜか?美奈都から連絡を貰ったからだ。え…元カレの犯罪をわざわざ言って説得してもらおうって…美奈都余計過ぎない?そんなことしてないで警察に言え。しかも、怜は怜で動画拡散されてから学校来てない精神状態なんだから、普通に考えてもう2-Cのやつらと連絡はとれない状態にしてると思うわ。

「玉森君は友達でしょ?どうして…」いや友達じゃなくてもだめだw

菊川は答える。「友達だろうがなんだろうが知ったことじゃない。あいつは元から死にかけていたんだ。遅かれ早かれこうなる運命だったんだよ。」いつからこんな典型的な悪役にwまあ、そう思わないと精神が保てないのだろう。

以前とは違う菊川の様子に怜は「きっくん…」としか言えなかった。

「怜をボロボロにして捨てた上に人殺しとは、ははは

f:id:news_video:20161015011329j:plain

天を仰ぎ見るなwでもそこまで墜ちてでも守りたい秘密って…気になっちゃうよね…って、え?怜をボロボロにして捨てたの?むしろ怜が誰でもヤる女って吹聴されたのを信じて、俺が裏切られたって感じだったよね?

怜は生贄投票のトラウマなのかガラケーで電話をつなぎ、菊川に託した。

「もしもし―…タマ生きてるよ。」っとこれは菊川にとって朗報なのか悲報なのか。医者によれば、幸い大事には至らなかったらしい。

だけどあんたのやったことは許されることじゃない。

f:id:news_video:20161015011804j:plain

いや美奈都が突き出せ!自首するやつなら逃げないし、謝れるなら異物混入はしない。そういうことだ。毛利の時もそうだが、美奈都は優しいのではなく甘い。

「自分の間違いを認めて罪を償うべきだわ。それにあんたは気づいてないみたいだけど、江留巌が流した怜の動画も誤解なんだよ!私が伝えたかったのはこれだけ。怜に代わって。」

おい待て!美奈都の「あんたは気付いてないみたいだけど」って口ぶりからすると、今さっき怜から聞いて知った話ではないだろ。あの時から誤解を知っていて、伝えずに菊川と一緒に学校生活をしていたと思うと、美奈都も相当罪深き女だぞ。

怜は軽く相づちを打った後電話を切った。
菊川は聞く。「怜も…江留巌に脅されていたのか?」

え、江留巌が脅してたこと知ってたの?だとしたらそいつが流した動画を信じるって…鈍感というか…うん。

「あの時気付いてやれなくて…ゴメン…」

f:id:news_video:20161015012949j:plain

墜ちたり終わったり…お前忙しいな。

そして遂に…「もう行くわ。警察に。」

これは信じて良いのか?事情聴取されたら毛利に弱み握られての犯行ってことを吐かずにはいられないだろう。その場合、毛利から結局秘密をバラされることになるが…余計な罪を重ねただけだったね。でも警察無能だから辻褄会わなくてもバレないかもねw

「会えて良かったよ」二人は背中合わせになり、距離が開き…
「きっくん、番号変えずに」

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20161015012533j:plain

むしろ出家コースでwってかなんでこんなホラーみたいな描き方なんだ。夜のお寺でちびっちゃうよ。それにしてもよく殺人未遂を起こして、しかも自分のことを信じられなかった相手を待っていられるよね。ポスト寂聴。

菊川の背中は何も語らなかった。しかし警察へ向かう道すがら、怜との楽しい日々を思い出す。あーあ…最後に――手ぐらい繋げばよかったな。

f:id:news_video:20161015011448j:plain
f:id:news_video:20161208174345p:plain
>>コミなびで無料試し読み

画像引用元:https://goo.gl/woPBnT

感想・考察

ボリュームの多い回でした!しかし、事件が起こる度にツッコミどころが多くなってきますね…今回は、前半で人気だった香川怜をカムバックさせたかったのでしょうが、そのための菊川の逃避行含めて結構無理がありました(ネタバレ部ツッコミ参照)。本来は生贄投票における「もしかしたらあるかもしれない恐怖」に戦く漫画であるはずなのに、一種のコメディーか異世界ファンタジーのように感じてしまいます。こういってはなんですが、まだ今までの一辺倒な制裁の方が、つまらないけど話の筋は通ったでしょう。一応次回の見どころとしては、菊川は本当に自首をするのか?それに対する美奈都たちの反応も気になります。と共に、そろそろ醍醐味の生贄投票ゲームを進めて欲しいです(笑)ただ、未だ失踪中毛利と宗教団体に連れ去られた岡本も片付いていませんのでなんとも…第22話に続く

スポンサーリンク

 

生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス) 生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス)
江戸川エドガワ,葛西竜哉
講談社
売り上げランキング : 47
Amazonで詳しく見る

【次回:第22話ネタバレ感想

 【前回:第20話ネタバレ感想】

【第1回ネタバレ感想】

>>コミなびで無料試し読み