人気漫画につっこみ!

生贄投票11話無料ネタバレ感想:全員一致

現在eヤンマガで絶賛連載中!江戸川エドガワ作の漫画「生贄投票」第11話のネタバレ感想をお送りします。10人に絞られた犯人候補の行方は?

前回までのあらすじ

スポンサーリンク

  生贄投票(2) (ヤングマガジンコミックス)
>>コミなびで無料試し読み

高校2年生の今治美奈都(いまばり・みなと)のスマホ画面に突如現れた「生贄投票」。自殺した元担任二階堂ありさの呪いと語るこのアプリは、夜12時になったら自分以外のクラスメイトを生贄として投票し、得票数が最も多い者には“社会的死”が待っているという内容だ。過去の生贄たちは皆ハ〇撮りやセクシー画像、犯罪動画を拡散された。二階堂ありさの呪いを解くために奔走する美奈都たち。しかし、生贄投票は新ルールを課す。「10人の犯人候補から1人、みんなの意見をまとめて投票してね」

ネタバレ

f:id:news_video:20160922002146j:plain
犯人探しゲームは、犯人候補の10名の中からその他のクラスメイトが犯人と疑わしい人を決定し、投票するというもの。美奈都は転校生で、二階堂ありさいじめには加担していない。外部から来た犯人として疑われる可能性は高かった。

あれからクラスのマインは誰も喋らない。きっとみんな別グループを作ってそこであることないこと言っているのだろう。でも、どうやって美奈都が犯人なんかじゃないと証明すれば良いのだろうか…

教室に入ると、

f:id:news_video:20160922002523j:plain
秘技☆形式的挨拶返し!
美奈都たちは完全に浮いていた。そりゃまー同じく犯人候補に選ばれている玉森修太(たまもり・しゅうた)と共に登校しちゃったら噂されるわな。

それでもタマは皆に訴えかけ…遮られた。
工藤優作(くどう・ゆうさく)に。

スポンサーリンク

  f:id:news_video:20160922002951j:plain

よっ!エリートリーマン!
朝のHRって先生いないのかな?細かいことはよそう。

工藤も生贄投票の言い分を全部信じているわけじゃない。ただ、どうして10人が選ばれたのか?その理由が気になるだけだ。

「特に今治!」

美奈都は固まった。工藤から、犯人候補10人は先に移動教室へ行くよう促される。しかし、玉森はクレイジーケンバンド並に「俺達の話を聞けよ!」と反抗。でも、落ち着いた方が良い。玉森に向けられた死んだ魚の様な目、もう話ができる空気じゃなかった。

f:id:news_video:20160922003724j:plain
お通夜状態の理科室である。

「もういや…何も信じられない…」疑心暗鬼に拍車がかかる毛利裕美。
「誰かのせいでとばっちり喰って…まったく…」あくまで他人のせい陰キャ沼本竜吾。
「くそっ!前のルールならこんなことには…」前ルールでエルゴンに謀反を働いた渡邊弘樹。
「ほんとなんで無関係な俺らが、なあ!?」渡邊弘樹にさえ絡まれてうざいと思われている瀬戸裕也。
「私…自信なくなってきた…今まで結局何もできてないし…誰の役にも立ててない…もう終わってるよ私…」こんな状況でも健気な良い子ちゃん今治美奈都。
「そんなこと言うなよ。俺は美奈都を信じているから心配するな!」まんまとひっかかる玉森修太。

一方2-Cでは投票する人物が定まりつつあった。
すると、残り3時間にも関わらず、生贄投票から投票結果のお知らせが来る。

発表しまーす

f:id:news_video:20160922003425j:plain
え…なんで?

f:id:news_video:20161208174345p:plain
>>コミなびで無料試し読み

画像引用元:https://goo.gl/v9QU11

感想・考察

美奈都が生贄になるのを阻止しなきゃ!なんて余裕ぶっこいてこの結果ですよ。工藤勇作は賢いキャラでしょうから、朝のHRにて玉森修太のうさん臭さを理論的に説いていったんだと思います。例えばタップアプリを開発するメカの強さ。生贄投票根絶のために仕切りながらも、なんとなく続くよう仕向けている雰囲気。

しかし、果たして犯人決定を全員一致でする必要はあったのでしょうか?新ルールは実名投票にはなりますが、1人1票は変わらずです。それぞれ思う人に投票すれば良かった話ですよね。これまでのパターンだと仕切ろうとしゃしゃるやつは大体潰されているため、工藤もいよいよ危険です。

さて生贄が玉森と決定した今、ルール変更がなければ、次に待ち受けるのは一人1万回のタップ。一度も達成したことのないこのノルマに美奈都が奮闘しそうな予感。タマの社会的死を免れることはできるのか?続く!

スポンサーリンク

 

生贄投票(2) (ヤングマガジンコミックス) 生贄投票(2) (ヤングマガジンコミックス)
江戸川エドガワ,葛西竜哉
講談社
売り上げランキング : 218
Amazonで詳しく見る

【次回:第12話ネタバレ感想】

【前回:第10話ネタバレ感想】

【第1話ネタバレ感想】

>>コミなびで無料試し読み