人気漫画につっこみ!

吉田沙保里、現役続行!東京五輪とかもう引退させてやれよ…迷いの表明

リオ五輪のレスリング女子53キロ級で五輪4連覇に挑み、銀メダルを勝ち取った吉田沙保里(よしだ・さおり)(33)選手が東京オリンピック出場を目標として現役続行の表明をしました。やったー頑張れ!という感想が多いですが、これ、諸手を挙げて喜んで良いことなのか?どうも圧力がかかっているようにしか見えないんですよね…

東京五輪ドラマの目玉にしたい

f:id:news_video:20160901224447p:plain
引用元:http://goo.gl/WAEZ7Y

吉田選手(もしかすると伊調馨選手も)スポンサー、協会等お偉いさんから「東京五輪で金を取り返せ」と言われ、断れない状況なのではないでしょうか?4連覇の挑戦だって裏があったと思うんですよ。もちろん彼女らが強いことは前提で、他の若手は“勝てないから”ではなく上からの“そもそも世界初の4連覇がかかってる選手以外は出したくないから”階級を変えなければいけない無言の圧力があったのではないかと。単純にその時々の強いやつ、闘志に燃えているやつで構成されるわけではなく、更なる欲望に満ちた“東京五輪ドラマ”の脚本を今のうちからしたためているように思えてしまうのです。

実際、今回の現役続行表明も言葉にも少し迷いが見られましたよね。

次が東京でなければ引退していた

f:id:news_video:20160901225453p:plain
引用元:http://goo.gl/HLRXhh

まずリオからの帰国後は、「次の道へ向けて」と引退の可能性も視野に入れていたようでした。そして今日(9/1)の表明を一部抜粋すると、

次の五輪が東京でなければ、たぶん引退って言ってたと思います。

あのきつい練習を思い出したら、もうやりたくないとも思いますよ。

辛いからこそ、すぐにやりますと言えない。やりながら戻っていければ最高なこと。ゆっくり時間をかけて考えたい。まだ4年あるんで、1、2年出なくても、代表になれればという考え方もあるし、いろいろ考えたいです。

なんかもう自分自身とも違う何者かと戦っているような気さえしてきます。最終的には本人の意志だとは思いますが、既に16年間オリンピックで日本という国に貢献し続け、東京五輪の時には37歳ですよ。なんかもう自由にさせてあげてよって感じがしちゃうんですよね。だから、当面は現役続行だとしても、後から引退の言葉が出てきても日本中でガックリするのはなしにしたいと思うわけです。

吉田沙保里が現役続行なら1つ年下の伊調馨も当然現役続投だろ。しかも5連覇かかってる!二人して東京五輪で金メダルとれよ!という考え方は無慈悲としか言いようがない…