人気漫画につっこみ!

小林麻央の乳がん報道で得するのは医者ってことでおk?

歌舞伎俳優市川海老蔵氏の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央氏が「進行性のがんで極秘入院中である」とスポーツ報知によって報道されたことを受け、本日海老蔵氏が緊急会見を開きました。これによると、麻央氏は深刻な乳がんを患っており、病気が判明したのは1年8ヶ月程前から。現在は抗がん剤治療を中心に通院・入院生活を送っているとのこと。

海老蔵やるじゃん

市川海老蔵氏と言えば、歌舞伎界きっての色男。黒い噂が見え隠れすることもしばしばありましたよね。しかし、結婚をしてからは落ち着いたのでしょうか。会見中は妻のことを想って涙ぐむ姿も垣間見えました。梨園の妻という存在と、子どもが5歳、3歳とまだ小さいことから、本人たちは病気を公にしない選択をしたのだと思います。ネットでは極秘を決めて1年8ヶ月を送った海老蔵に称賛の声が上がっています。

マスゴミ、病気は不倫とは違う

しかし、その想いはマスコミによってもろくも崩れ去ってしまいました。麻央氏は重い病気を患い、辛い治療に耐える日々のはずです。家族のサポートも根気のいるものでしょう。これらに加え、これからは入退院、通院、外出等の度に世間の目が気になる生活なんてあまりにも酷いではありませんか。
同じ芸能人でも不倫報道とは性質が異なります。自らの過ちによって周りから面白がられ、からかわれるのは、ある程度仕方ない部分があるでしょう。
しかし、病気ですよ。何か悪いことをしたわけでもないのに病気にかかり、しかも公にされる…犯罪の被害者をクローズアップするマスコミの非道さに重なりますね。

医者「がん検診カモーン」

この報道に良い部分を探すとするならば、がん検診を受ける人が増えることでしょう。北斗昌さんの時もそうでした。乳がんや子宮頸がんは検診に勇気がいるもの。しかし、芸能人による病気の公表があることで、検診を受ける契機になります。医者も「若くても安心しちゃダメですよ。検診しましょう」と言えるから儲かりますね。

結果的にこのブログでも取り上げてしまう形になりましたが、家族で素敵な時間を沢山過ごしてください!