人気漫画につっこみ!

なぜ人気?キッズYouTuberの魅力に迫る!

このブログを見てくれている方はもうご存知かもしれませんが、私が新しい情報を仕入れる先は動画、特にYouTubeが多いです。YouTubeの動画を漁っているとある傾向に気付くんですよね。

キッズYouTuberの人気が凄まじい!

YouTuberは、狭義いおいては「YouTubeで動画を配信することを生業とする者」ですが、広義においては「YouTubeで動画を配信する者」を指します。そして、動画の主人公がお子様であれば、彼らは“キッズYouTuber”と呼ばれます。有名チャンネルはもちろんのこと、発展途上のチャンネルにおいても、普通のYouTuberよりもキッズYouTuberの方がはるかに人気が高いのが特徴です。確かに子どもは可愛いものですが、人気の秘密はそれだけではないようですよ!今回は、私が気付いたキッズYouTuberの魅力をシェアします。

子役とは違う子どもらしさ

子どもと触れ合う機会のない者にとって、子どもを見る機会なんてテレビ画面に映る子役くらいのものでしょう。しかし、彼らのしっかりとした受け答えや大人顔負けの演技は、感心こそすれど、無邪気な子どもらしさからはかけ離れている場合もしばしば。この点キッズYouTuberは違います。普段から大人の世界に揉まれているわけではありませんので、お子様らしい天真爛漫な姿を見せてくれるのです。温かい目で見守ることができるという一つの魅力を発見ですね。

しかし、心配な部分もあります。大物キッズYouTuberともなれば仕組みは子役と一緒です。子どもは広告収入や提供企業からの報酬を産む商品という目で見られていくでしょう。毎日様々なおもちゃやお菓子を与えてレビューさせれば、感覚は狂い始めるはず。そうはなってほしくないですね。

視聴者もまた子ども

YouTubeの動画を漁る時って基本的に暇な時ですよね。常に時間に融通が利く人たちを想像してみてください…そう、多くのYouTube視聴者もまた子どもなんです。小学生~高校生といったところでしょうか。子どもが暇を持て余している時に、歳の離れた大人の難しい話なんか聞くわけがありません。可愛い子どもがおもちゃやお菓子を紹介してくれる方がしっくりきちゃいます。
また、主婦も時間に融通が利く職業と言えるでしょう。子ども用のおもちゃやお菓子が紹介されていれば、参考として他の動画より見たくなるのも納得です。

天然の笑い製造機

子どもの独特な感性から放たれる言動って、見ているだけ、聞いているだけで思わずくすっとなってしまいますよね。チャンネル管理者は基本的に子どもの親だと思いますが、一般人のおじさんおばさんが一人で商品紹介等の動画を出したところでよっぽど笑いのセンスがない限り沢山の人に見てもらうことは難しいでしょう。人工の笑いを生み出すのは至難の業なのです。しかし、そこのところキッズは難なくこなします。30分でも動画を回しっぱなしにしていれば、何かしら面白い部分が出てきますからね。飾らない子どもの様子は視聴者も喜びます。

やっぱり可愛い

歳を重ねれば重ねる程、人の美醜にははっきりとした差が現れます。しかし、子どもは子どもというだけで可愛いです。猫より子猫が可愛く感じるの一緒ですね。子どもの中でもブサイクだなんだという論争はあるかもしれませんが、大人のそれに比べたら明らかに少ないですし、不思議なことに子どもにああだこうだと言う場合、言っている方に問題がある気がしちゃいますよね。

投稿者も視聴者も、明るく楽しく健全なキッズチャンネルは、まさにYouTube向けと言えるでしょう。今後のYouTubeを支える大事な役割を担っていると思います。

皆さんもぜひお気に入りのキッズYouTuberを探してみてください!